Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

70年代王道ROCKのオリジナル盤の魅力にハマり、初心者マークですが収集中です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

RENAISSANCE / Live At Carnegie Hall  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m

banner (1)  InstagramインスタグラムへGO!! 



 kotaroblog_renaissance_l.jpg


ルネッサンスの中心であったマイケル・ダンフォードが亡くなって2年以上経ちましたね、早いものです。3月に「Delane Lea Studios1973」と言うBBCラジオ放送用のスタジオライブ・アルバムが発売になります。このアルバムの魅力は一番旬な頃の演奏に加え、「燃ゆる灰」にアンディ・パウエルとアル・スチュワートが参加していると言う事。このカーネーギーのライブとは一味違った演奏が楽しめるのではないかと思います。

1976年「Renaissance / Live At Carnegie Hall」
1975年6月20,21,22日のNYはカーネギーホールでのライブ録音。 
アニー・ハズラム在籍当時の4枚のアルバムからのベスト盤的な内容で、ニューヨーク・フィルハーモニック・オーケストラとの共演があったりとルネッサンスファンにはたまらない内容となっている。この時期のルネッサンスはジョン・タウトのピアノ、ダンフォードの生ギターが中心となった完全アコウステックスタイルに、クリス・スクワイアをリスペクトしているベースのジョン・キャンプとテレンス・サリヴァンのリズム隊がメリハリを効かせると言うスタイルだった。何と言ってもただのフォークロックではない所が、「Ocean Gypsy」や「母なるロシア」「Song Of Scheherazade」などそのコンセプト、ストーリーが実に幻想的で、ふっと現実感から解き放たれる奥深い曲調が魅力なバンドだ。それゆえにプログレ扱いされるのも当然だろう。
kotaroblog_renaissance_l2.jpg 


イラストレーターのフレッド・マルチェリーノのジャケが秀逸。広げてみるのがベスト。
リッチー・ブラックモアも大好きな曲で、ブラックモアズナイトでもカバーした「オーシャン・ジプシー」や「カーペット・オブ・ザ・サン」などヒット曲もあるが、やはりアナログC面「Scheherazade」がこのアルバムのメインであろう。NYフィルハーモニックとの共演で28分を超える(冒頭オケのチューニングやダンフォードのMCが長く実際25分くらい)熱演である。付け焼刃での練習であろう少しタイミングがずれている感はあるが、やはり殿堂カーネーギーでの緊張感がビンビン伝わってくるので聞き入ってしまう。アラビアンナイトをモチーフにしたこの曲はクラシカルでじつにシンフォニック・ロックの王道を行く曲なので、ここでのオーケストラとの共演ライブは絶好の見せ場となっているし、アニーハズラムの声が無いとこのカーネギーの客をここまで沸かせないだろう。それほどクライマックスは感動的で素晴らしい。スタジオ盤と共にコンダクター、アレンジメントはトニー・コックス。またD面を占める代表作「燃ゆる灰」ではジョン・キャンプのブリベース・ソロがフィーチャーされていて、ここではロックテイストを前面に打ち出した面で対比して良いし、やはりクライマックスの盛り上がりは異常だ。これもカーネギーホールの雰囲気か。
kotaroblog_renaissance_l3.jpg 


内側のジャケデザインのアイデアはアニー・ハズラム。4枚のアルバムの画像と共に、メンバーライブショット、オフステージショット満載。
kotaroblog_renai_label1.jpg

BTM 2001 A-1E B-1E

kotaroblog_renai_label2.jpg

BTM 2001 C-2E D-1E

BTMレコードでこの後ワーナーに移籍する。
ポピュラー系のコンサートも行うが、元々はオーケストラが演奏するクラッシックのホールなので残響が大きくエコー感が強いので少し全体として引っ込んだ音質となって聞こえる。ピリッとした特有の緊張感がひしひし伝わってくる音響だが、良い音がするかと言えばイマイチ。最近のPAや録音設備であればもっと立体感は出ると思うのだが。


スポンサーサイト

category: RENAISSANCE

tb: 0   cm: 0

ルネッサンス / 燃ゆる灰 ~マイケル・ダンフォード急死(T T)  

文字色文字色ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
  
kotaroblo_renaissance.jpg 
本来、ZEPフィーバー中につきZEP復活ライブネタで行く所なのでしょうが、11月20日にルネッサンスの中心人物であった
マイケル・ダンフォードが脳内出血により帰らぬ人となってしまいました。コンサートライブを終え帰宅してからの悲劇だったそうです。何歳だったかは分からないが、一昨年プログレフェスティバルで来日した時の写真等を見ると結構なお歳に見えた。ジャケは代表作と言っても過言でない「燃ゆる灰」ですが、ファーストとこのアルバムには正式に加入していない。メンバーとなったのは次作の「運命のカード」からだ。ただコンポーザーとしては無くてはならない存在で、このアルバムでも1曲を除いては彼の作品であります。似て非なる、キース・レルフ等が組んだオリジナル・ルネッサンスから受け継いでルネッサンス一筋でやってきて、再結成してライブ活動、新譜まで話が及んでこれからまた、と言う時の悲劇であった(涙)今後の活動にどう影響を与えるかは不明だけど、アニー・ハズラムが存続させるかどうか?残念です。合掌。
kotaroblo_renaissance2.jpg

やはりこのアルバム中でも「カーペット・オブ・ザ・サン」とタイトル曲「燃ゆる灰」が秀逸であろう。他にもレット・イット・グロウとか捨て曲ないのですけど..プログレッシブ・ロックのカテゴリーの中には英国トラッドフォークにまつわる音楽性も全てジャンルインしてしまうのでこれをプログレロックと言ってしまうと何とな~く違うような気もするが、メンバー各々色んな音楽遍歴や影響下の元でミックスされた、独自のフォークロックが他にないサウンドを生み出している。アニー・ハズラムのクリアヴォイスがよりクラシカルに展開させると共に、このバンドしか出せいない唯一無二の音楽を確立する原因ともなっている。
日曜早朝、晴天の空の元「カーペット・オブ・ザ・サン」を掛けた時の心地よさ..他の曲は大体叙情的というか、何となく物憂げな所もあったりするが、アニーのボーカルがそれを救うかのようにジ~んと心に響くから癖になる。それ位マイケル・ダンフォードの曲とアニー・ハズラムの相性が良いと言う事だろうね。

kotaroblo_renaissance3.jpg
">「燃ゆる灰」ではアンディー・パウエルがギターで参加している。カバーデザインとフォトはヒプノシス。
kotaroblo_renaissance_label.jpg
SVNA7261 A-2U B-4U  EMI傘下のソヴリン・レーベル。残念ながら所有LPはEMIリムのセカンドプレス。ファーストはグラモフォンリムである。 ファーストは聞いていないので分からないけど、アニー・ハズラムのボーカルのたちが素晴らしい。結構古いCDでも持っているが比ではないです。やはりアニーのボーカルはアナログで聞かないとね。前のオーナーさんが素晴らしい人だったのでしょう、新品にほど近いほど綺麗な盤でした。傷一つない。この盤で聞く燃ゆる灰の♪~Ashes Are Burning The way~~からのエンディングは何度聞いても鳥肌ものです。あまり市場には出ませんが、それほど高値が付く
盤でもないので(オークションで競うと高い)、出たら即買いです。



                 注意!!音出ます↓

category: RENAISSANCE

tb: 0   cm: 2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。