Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

70年代王道ROCKのオリジナル盤の魅力にハマり、初心者マークですが収集中です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Black Sabbath Vol4 !!  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓
ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m

banner (1)  InstagramインスタグラムへGO!!



kotaroblog_bsvol4_m1.jpg

Black Sabbath / Vol4 1972

ブラック・サバスは凄く息の長いバンドだけど、このVol4辺りがピークの様な気がする。勿論オジー在籍時の話だけど。サバスと言えば重厚でへヴィなトニー・アイオミのリフに、オジー・オズボーンのおどろおどろしいあのボーカルはマストなんだけど、この作品辺りからよりドラマティックに展開されている。冒頭からそれが顕著で「Wheels of Confusion ~The Straightener」の泣きのギターから展開するサバス調の重厚なリフは今まで通りだが、メドレーとなって後半のメロディアスなバックのリズムに乗りアイオミのソロが泣かせる。「Changes」も効果的に使ってきたピアノを大体的に使ってのバラード、メロトロンが実に効果的だ。ディレイを効かせた効果音のみの「FX」も実に実験的で次曲の「Supernaut」への効果大となっている。ライブで定番の「Tomorrow’s Dream」、「Supernaut」辺りのリフ命、G・バトラー&ワードのリズム隊のグルーヴが素晴らしい定番曲も豊富で、「Changes」を聞いてえっ!?と感じた人も「Cornucopia」、ラストの「Under The Sun~Every Day Comes And Goes」を聞けば納得、ファースト辺りの音も忘れていない。メタル自体はそんなに積極的には聞かないが、サバスがそのカテゴリーの中でも一番良いのはやはり英国的な美意識、叙情的な部分を忘れずに曲を作り続けている事だ。

kotaroblog_bs4_m12_2.jpg 
次はジャケの装丁、デザインの事。一筋縄では行かないVertigo。向かって左がマト両面2のセカンドプレス、右がファーストプレス。セカンドの方が黄色みが強く、セカンドはオレンジ。

kotaroblog_bs4_m12_3.jpg


裏側も色味は同じ違い。それと確実に違う部分は.
kotaroblog_bsvol4_m1p.jpg


kotaroblog_bsvol4_m2p.jpg

上がファーストプレスでVO PRICE CODE、セカンドはDe Luxeに。ネットとかで色味だけでは分からない場合はこの辺もチェック。
kotaroblog_bs4_p1.jpg

kotaroblog_bs4_p2.jpg

kotaroblog_bs4_p3.jpg


内側はブックレットとまではいかないほどの写真集が貼り付けによって添付されている。たまに剥がれているのも売られていたり...

kotaroblog_bs4_m12.jpg
向かって左がファースト。セカンドはさらに彩度が上げられている。クレジット等の表記は同じ。


kotaroblog_bs4_inner.jpg  

渦巻きインナーはマストだね。

kotaroblog_bs4_l1.jpg 

6360071 1Y//1 Porky刻印あり

kotaroblog_bs4_l2.jpg  

6360071 2Y//1 Pecko刻印あり。

セカンドプレスは1Y//2 2Y//2でPorkyPeckoの刻印はなし。
ファーストはジョージ・ペッカムのカッティング。ラベルにMade In Englandの表記の無いものがファーストプレスに多いので、もしかしたらこれはセカンドプレスのラベルを貼られた可能性も、悔しいけど少しレイトのものかも。ただ盤はマトから言ってもファーストプレス。
セカンドのものと比べても歴然として音の厚みが違う。やはりセカンドと呼ばれるものは圧倒的にパンチが無い。サバスの音楽性からこの辺重要だろう。この盤も2016年現在値段が上がってきているので早めにゲットしたいところだ。




スポンサーサイト

category: Black Sabbath

tb: 0   cm: 0

まだまだサバス「13」「Past Live」  

ランキング参加中です。ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m

banner (1)
 

kotaroblo_walkingdead.jpg  
「プリズン・ブレイク」以来最近むっちゃ嵌っているのがこの「The Walking Dead」。あるバラエティ番組でやっていたのでちょっと見てみようかな、どうせ旧作100円だから..バイオハザードも別に嫌いじゃないし..なんてシーズン1を見てみたら..ハマってしまいました。何が面白いかと言うと、ゾンビは確かに主題なんだけど、主役を始め、生き残った者の人間関係が面白いドラマです。究極の選択を迫られた時に人はどうする?それがウィルスによって崩壊した地球上が舞台となっている、と言う事です。発案、監督(全てではないみたい)は「ショーシャンクの空に」や「グリーンマイル」のフランク・ダラボン。この監督エルム街の悪夢の3やブロブ、フライ2などそれなりに特殊メイク系も撮っているのでなるほどと納得。ショーシャンクやグリーンマイルもドラマ的にかなり面白かったものね。主役リックの奥さん役にプリズンブレイクでサラ役を演じたサラ・ウェイン・キャリーズも出演しています。どちらも重要な女性の役ですね。目にインパクトのある女優さんです。 ゾンビとサバスは関係ありませんが、今回のサバスの新譜「13」はなかなかの出来ですぞ!

kotaroblo_sabbath_13.jpg

何せ70年代に活躍したロックグループの復活劇が最近のミュージックシーンの一端を担っている、と言っても過言じゃないですね。そう言うパターンで復活新譜を出して成功する場合、勿論その時代に合った音を探して華麗にチェンジ!なんて言うパターンもありますが、ルーツを辿って原点に戻るパターンもあります。 ライナーを読むと、今回プロデューサーのリック・ルービンは 最初、メンバーにファーストアルバムを聞かせたそうです。ギザー・バトラーは何年振りかに聞いたと語っています。まさに後者のパターン!何を往年のファンは求めているかと言う事を理解していますよね、まさに「Black Sabbath」をファンは求めていた。結構好きだけど「ネバー・セイ・ダイ」の頃の軽量メタルではこの再結成は実現しないでしょう。ただオープニングの「End Of The Beginning」はそんな過程をも意味深に表現した歌詞となってますね。「始まりの終わり」とはやはり噂通り最後の再結成となるのだろうか?ちょっと意味深なだけに気になりますが、サウンドはまさに「Black Sabbath」そのもので過去が未来に飛び越えてきた様なサウンドとなっております。PVに上がっていた「God Is Dead ?」もオジーのボーカルの真骨頂、本当に不思議な説得力です。このテンポでこの綺麗でも上手くでもないこのボーカルがこのサウンドでは特有の説得力を発揮します。今回ライブ上での違和感を無くすためにキーは下げて、ライブステージでもアルバムに遜色無い様に録音したようです。次の「ローナー」これもまたオーソドックスなリフなんですが往年のサバスファンにはたまりませんね。ゆっくりリフに合わせてヘッドバンキングしてしまいます(^^/ 1曲中休み的に、トニーとギザーでのアコウスティックなサウンドにオジーのボーカルが上手く絡んだ「ツァイトガイスト」から、へヴィメタと呼ばれる重くリズムが刻まれる混沌とした曲が並び、ラストの「Dear Father」では全開、サビの物憂げな表情を表すオジーのボーカルとそれを演出するリズム隊がこの意味深な「13」と言うタイトルの全貌を表しているようです。しかもエンディングではあの雷雨と鐘のSEで締められている。このアルバムを引っ提げてサバス復活と呼びたいところだが、トニー・アイオミの体調不良やビル・ワードが疎遠になっている事など今後はどうなるのか分からないのが不安の種です。どんどん少なくなって行く70年代のロッカーには少しでも長く演って貰いたいものですね。このアルバムには9曲目にテンポアップの「ナイーヴティ・イン・ブラック」と言う曲、ボーナスCD(CD2)には「メサディック」「ピース・オブ・マインド」「パライア」の3曲が入っており、特に「メサディック」等はなんで外されたのか分からない曲(アルバムの構成上だろうと思うけど)なのでこれも余裕があれば聞いた方が良いかも(ただ3曲のボートラは物足りないよね)
kotaroblo_sabbath_pastlive.jpg
これは2011年に出た「ライブ・アット・ラスト」のデラックス版で、CD2にはパスト・ライブとして70年の録音を編集してある。私は「ライブ・アット・ラスト」はリアルタイムで、このアルバム自体が「4」の後に出る予定が棚上げになってずいぶん後になって発売されていた。え!いつ発売してたの?と思いLPを購入した覚えがあります。ただLPは80年中盤頃もうサバスなんか古いぜ!ニューウェーブや!パンクや!と粋がってた頃に友人にあげてしまいました(笑)この頃のライブは覇気があって、押し迫ってくるような荒れ狂うトニーのリードに、オジーのパフォーマンスが最高潮の頃のライブテイクです。70年頃の録音なのでちょっとブート的な音質なもの(特にN.I.B)もありますが、両方合わせてコンプリート感は得られます。


category: Black Sabbath

tb: 0   cm: 0

ピンクにしようか、黒にしようか...  

ランキング参加中です。ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m

banner (1)
 

kotaroblo_13.jpg 

今回は前回の続編でピンク・フロイドの「おせっかい」の予定で用意していたのですが、今日11時ごろ帰宅したらamazonの箱が..そう言えばメール着てたなと思い箱をむさぼり開けたら不吉な数字の3Dジャケが!と言う事で今回はピンクはちょっと飛ばして黒の方にします(笑)ピンクは黒が終わった後でまた。
本日邦盤リリースのBlack sabbath35年ぶりオリジナルマイナスビル・ワードの新譜「13」のSHM-CDデラエディ、3,200円です。 トニーアイオミの悪性リンパ腫の治療、ビル・ワードの契約上のすれ違いによる不参加など、荒海の中の船出ではありますが復活を遂げております。とりあえず写真撮ってアップしただけですのでまだ中身は聞いてません。とりあえず装丁だけでも載せておきます。

kotaroblo_13_3d1.jpg 

ジャケットそのものが3Dと言う訳でなく、3Dシートが付いているだけです。多分他のバージョンには付いてなかったりするのでしょう。邦盤はSHM-CDなので値段の差はありますがこちらをチョイスしました。それにメンバーの年齢、体調を考えるとこれきりの再結成になり得ると読み、お蔵入りになる楽曲も聞いてやろうとボートラ付きのデラックスエディションにしました。ちょっと3曲(15分強)プラスで3,200円ってどうなん?と思うけどねぇ...
話それましたが上画像はその3Dシート。前から見ると燻っている炎も...

kotaroblo_13_3d2.jpg 

この角度で燃えたぎっています。よくオカルト映画で見る様な雰囲気ですよね。因みに13のタイトルはやはりキリスト関係の数字の事で、オジーが付けたそうです。私ゃ13枚目のアルバムと掛けてあるのかなと思ってましたが関係ないようです。
で、どうせCD盤上にはこの13がペイントされてるんだろうなぁと思ってふんふんと開封すると...

kotaroblo_13_disc.jpg 
なんと言う事でしょう...CDのレーベルデザインがVERTIGO SWIRLじゃありませんか!この渦見ると妙にテンションが上がるのは私だけでしょうか!?これはサプライズですねぇ~
kotaroblo_13_linner.jpg 

とりあえず今回は装丁まで。内容はじっくり聞いてから次回アップします。とりあえず曲目はこんな感じ♪
ギザーとトニーのリハ風景他載ってます。プロデューサーはリック・ルービン。



category: Black Sabbath

tb: 0   cm: 2

ブラック・サバス新譜6月12日(予定)発売!トニー&オジー、G・バトラーオリジナル復活  

 ランキング参加中です。ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m

banner (1)

blacksabbath13.jpg
ブラック・サバスが35年ぶりにビル・ワードを抜いたオリジナルメンバー3人が結集して新作「13」が発売されます!ビル・ワードは非常に残念なんですが、何でも再結成の話が出た時に契約的な問題で復縁は無理だったようですね。プロデューサーがリック・ルービンと、ちょっと意外なんだけどスラッシュメタルを始め色んなジャンルを手掛けている巨匠なので、このおぢさんおじいちゃん達をどう再起させてるかが楽しみです。私はSHM-CDの邦盤を購入予定ですが、写真はスーパーデラックスBOXで3万弱します。購入したらまたアップします。
   
kotaroblo_sabbath_paranoid1.jpg 
サバスこそがヘヴィーメタルと呼ばれるカテゴリーの祖ですよね。この鉄をも砕くガリガリゴリゴリのサウンドこそへヴィメタ。かつオドロオドロしいオジーのボーカルがよりダークな部分へと導いてくれます。この「パラノイド」はセカンドアルバムで唯一英国No1になったアルバムで、サバスをワールドネームへと押し上げた代表作ですよね。ZEPやパープルなどもHRには必要不可欠なハードリフこそへヴィメタ、その混じり毛が無い唯一無二なサウンドこそブラック・サバスです。画像は海外から購入した1stプレスで、あまり海外オークションからは購入しないので到着までドッキドキでした。初盤はコーティングされていないのでかなりジャケは痛んでます。多分デッドストック並のものはないのじゃないかな?
kotaroblo_sabbath_paranoidu.jpg
ジャケットデザインはキーフで、元々は「war Pigs」をモチーフとしたデザインとなっているのでパラノイドとは何ら関係が無いのでイマイチイメージが合わないですよね。
 
kotaroblo_sabbath_2label.jpg    
vertigo6360 011 1Y//1  2Y//1のファーストプレス。bigswirlレーベル。
やはりファーストプレスの音は凄いですね。ゴリッと太い轟音が響きます。「アイアンマン」はボリュームを上げて聞くとのけ反ります。因みにこの面はSideBです。sideAには有名どころの3曲が連なってますが、「Planet Caravan」でのトニー・アイオミのギターソロは違った一面を見せてくれる秀逸なソロですよね。A面よりはヒット性はないもののなんら迷いのないメタルサウンドがB面にも連なってますので必聴です。
 
kotaroblo_sabbath_paranoidl22nd.jpg 
SideAレーベル。目回ります。
kotaroblo_sabbath_paranoidi.jpg
これが付いてないと格段に値段が下がります。たまにオークションでこのインサートのみ出品してますよね(笑)
kotaroblo_sabbath_paranoid2nd.jpg 
↑画像はコーティングありのセカンドプレス盤
2年前に地元の中古屋さんのバーゲンでインサート欠の2ndプレスを5K以下で購入。セカンドプレスからジャケットにラミネートコーティングが施された(表面のみ)艶がある分綺麗に見えるが流石に40年以上経つと痛みも激しいが1stのよりは綺麗だった。

kotaroblo_sabbath_paranoidu2nd.jpg
初めてサバスに出会ったのは中学3年の頃「パラノイド」を聞いたのが初めでした。「War Pigs」,「Iron Man」にしても一度聴いたら忘れられないあの重厚なリフレインは当時中毒になりましたが、時すでに80年代に突入、サバスサバス言ってるやつなど居なく寂しいものでした。パラノイドの意味を知っているやつも私ぐらいでしたね(笑)
kotaroblo_sabbath_parauchi.jpg 
内ジャケは1st,2ndとも変わりはありません。画像は1stのものです。
ほぼUKレコードを買うようになってまだ5年ほど、ブラックサバスの、いやヴァーティゴのクラッシックなLPは値段が高く未だパラノイドのみです。まだまだ初心者で今後少しずつ揃えようかなと思っております。
kotaroblo_sabbath_paranoidl2nd.jpg 
6360 011 1Y//2 2Y//2 こちらはSmall Swirlレーベル。
こちらも遜色なく轟音です。ただ例のインサートが付いていないので1stプレス完品の3.5分の1。でもバーゲン初日に行ったので奇跡的に残ってました。
とにかく6月12日に出る新譜には期待しています。どの辺までこのパラノイド辺りの音に近いか?それとも遠いか?
まぁ40年の時を超えトニー&オジーのコンビが又聞けるのは大変嬉しい、楽しみが増えました。
さぁLet's予約↓





category: Black Sabbath

tb: 0   cm: 0

Heven And Hell / Black Sabbath   

文字色ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
 
kotaroblo_sabbath_hah.jpg


ここの所ずっとパープルネタだったのでちょっと変化付けてみました。でもパープルネタ後2つほど用意してありますので飽きないでください~
今は亡き(T T)ロニー・ジェイムス・ディオが新血を注ぎこみ、完全再生した第2期ブラック・サバスの「Heven And Hell」のUK盤(LP)です。私、サバスのレコードはファーストから「Mob Rules」までLP,CD所有していますが、UK盤は「パラノイド」位で欲しいなぁ~と思っていた所、3日前ヤフオク徘徊してたら1,000円でこれが出品中。残り1時間で入札したらなんとそのまま落札と相成りました。両面マト1の初盤で、盤質も良くラッキーでした。たまにこういう事もありますね。相場でいえば2,500円~高い所で4500円って感じでしょうか。サバスの初期のVertigoレーベル類は高くてなかなか手に入りませんね。「パラノイド」は今度また投稿したいと思います。渦巻き、ウズマキと♪
レインボー決別の後、ベースのジミー・べインとバンドを結成する予定だったらしいですが、サバスからの引き抜きにまんまとジミー・べイン蹴って加入したとジミーがインタビューで腹立ってたのを覚えてます。オジーの影を見事に打ち消した傑作であり、ロニー自身もその後終身バンドとして長く関わって行く経緯の走りとなりました。当時「ネオンの騎士」がラジオソースから軽快にオンエアーされているのを何か不思議な気持ちで聞いてたりしましたが、黒魔術系のカルト的な部分は残しながらもポップで誰でも聞けるヒット曲を作るというブラック・サバスにとって成し遂げれなかった事をやった事が大ヒットの要因でしたね。当時「ネオンの騎士」のギターソロを一生懸命コピーしたりしてましたが、トニー・アイオミは左利きで、右手指の一部(どの指だったかは忘れましたが)が欠けていて苦労してあのスタイルにしたのですが、返ってそれが高速のフレーズを弾く時に聞きずらく完コピは無理だと諦めた高校時代でした。ギザー・バトラーのベースもウォームトーンでもグイングイン来る独特なベースでさすがキャリアだと思います。ビル・ワードはこの後両親を亡くし失意からバンドを去り、後がまはカーマイン・アピスの弟のビニー・アピスが引き継ぐことになりました。2007年にはこのアルバムのタイトル「Heven And Hell」と名乗ってトニーアイオミ、ギザー・バトラー、ビニー・アピスとやっていましたがロニーが亡くなり残念な事となりました。この頃にはもう♪ニオン~ナァ~イツ♪ってシャウトもギリギリな線でしたので心配していましたが。とにかく素晴らしいアルバムです。
kotaroblo_sabbath_hah2.jpg 
レインボーの「バビロンの城門」と似たようなペン画の自画像が裏ジャケのデザイン。B面の「Walk Away」なんかもロニーらしくて、ポップでよく聞きましたね。
kotaroblo_sabbath_hahlabel.jpg 
VERTIGO 9102 752 A//1 B//1の初盤であります。マーティン・バーチはこれまでのサバスの音よりもレインボーよりの音作りで(ロニーとの関係性からか)、重厚な感じから流れるような、ハードロックでありながらもヒットさせる音作りをプロデュースしてますね。さすがの手腕ですわ。
kotaroblo_sabbath_hahcd.jpg 
こちらは2010年に発売されたデラックス盤SHM-CDです。英国2010年最新リマスターを使用しているので音は改良されてますが、日本盤LPしか聞いた事無いので比べられませんが、UK盤と比べても遜色ない素晴らしい音が鳴ってます。
kotaroblo_sabbath_hahcd2.jpg 

2枚組でボーナスSHM-CDにはライブテイクや「レディー・イーヴル」のモノラルテイク等が収録されているが、正直そんなに面白いものではない。
kotaroblo_sabbath_hahcdset.jpg

ジャケットはトップの画像と同じUK盤を再現したもので、裏面など細部に渡ってコピーされている。限定盤らしくシリアルナンバー入りのレーベル画像が封入。まさに上の画像だ。因みにシリアルナンバーは3072でした。
kotaroblo_sabbath_hahcdbook.jpg

20ページの英国CD用のブックレット付き。日本のアルバム、シングル盤の紹介も載っている。
kotaroblo_sabbath_hahcdline.jpg 
因みにCDの内容はこの通り。このアルバムが出来るまでの裏話も記載されてます。


category: Black Sabbath

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。