Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

70年代王道ROCKのオリジナル盤の魅力にハマり、初心者マークですが収集中です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

永遠の詩(狂熱のライブ) / LED ZEPPELIN マト1,1,1,2盤!  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
  InstagramインスタグラムへGO!! 



kotalog_zeplive.jpg

LED ZEPPELIN 「The Soundtrack From The Film The Song Remains The Same」が正式名称の「永遠の詩(狂熱のライブ」です。言わずと知れた名盤ですが、このアルバムの元である映画を見たのは多分今から33年前の高校生の頃で、勿論リバイバルで、ウィングスの「Rock Show」との2本立て(当時の地方の映画館は殆どが2本立て)だった。チューブなど未来の産物だった頃、動くスーパースターに飢えてた私たち田舎者は、動くポールやZEPのメンバーの一挙手一投足に鼻血が出る思いで食いついた。映画館を後にする自分の姿は完全にジミー・ペイジになっていたものだ。70年代のロックバンドのライブ盤の凄い所は、殆どの楽曲がスタジオテイクを超えるアレンジ、アドリブフレーズ、ライブならでわのハイスピードのテンポなどここでしか味わえない魅力が詰まっている所だ。ここでも冒頭のロックンロールでの重量感、祭典の日などスタジオテイクよりギターのリフが素晴らしいし、レインソングでの幻想感も1.5割増しだ。「幻惑されて」はもうジミー・ペイジの独壇場だし、天国への階段のソロは完璧と言えるほど心地よい。ここでのソロが良すぎて他のライブテイクやブートを聞いてもこれを超えるものは聞いた事が無い。逆に他のあまりのグダグダ感にイライラすることが多い(笑)何と言ってもハイライトの「胸いっぱいの愛を」のテルミンを入れたあの構成はZEPの全てを網羅しているような気がする。


kotalog_zeplive2.jpg

ジャケはヒプノシスとジョージ・ハーディが担当。黒の色調に廃屋の映画館が印象的で、このLED ZEPPELINのロゴもデザイン的で、何度も学校の机に真似して書いたものだった(^^; どうでもいい事だがオープニングのボーナムの「OK、Let's Go!」と叫んでいるらしいが、未だかってそういう風に聞こえない。実際のセットリス(ムービー)とこのアルバムは曲順が違う。ノークォーターや幻惑されては結構違うが、LPのキャパを考えれば仕方ないがはない。「ブラックドッグ」、「丘の向こうに」、「ミスティ・マウンテン・ホップ」、「貴方を愛しつづけて」が「祭典の日」の後にバッサリ切られている。実際違うテイクも使われているので相互性は無い所もある。殆どオーバダブされていない所が驚きだが、結構細かい所ジミー・ペイジも粗々。


kotalog_zeplive_book.jpg


kotalog_zeplive_page.jpg 

ムービー中のショットの8ページブックレットが添付。邦盤はセパレート(米盤は知りません)だったが、英国オリジナルは内ジャケ取り付けタイプ。映画を見る前にこのアルバムを購入しているので食い入るように見つめていた10代..ジミー・ペイジのダブルネックに憧れたねぇ。


kotalog_zeplive_enbo.jpg  



kotalog_zeplive_book2.jpg 


UKオリジナルは外側ジャケ黒の部分がエンボス加工されている。内側は加工無しのつるっとしたタイプ。邦盤と英国盤ではこのタイトルのシルバーの色合いも微妙に違う。



kotalog_zeplive_inner.jpg
黒のインナーバッグが付属。


kotalog_zeplive_label1.jpg

SSK89402 A1

kotalog_zeplive_label2.jpg 

SSK89402 B1

kotalog_zeplive_label3.jpg

SSK89402 C1

kotalog_zeplive_label4.jpg


SSK89402 D2


kotalog_zeplive_matrix.jpg 

D面のみ2のファーストプレス。今の所これが一番若いマトらしい。全てWマーク付き。Made in UKは無いタイプ。
結構ファーストプレスがマトオール2だとされていたが、プロの方に聞いたら最近このマト1盤が出てきたのでこちらがファーストプレスではないかと言う事だ。音質的にはさほど変わりは無いかもしれない。ただ本当に見かけないのと、1を消して2と訂正してある盤もあるので、何かの理由で早めに移行したのではないか、と推測するが何の検証も保証もありませんので。
SHM-CDのリマスター盤(最強盤)と比べると、リマスターだけあってかなり誇張されている部分が多く伝わってくる雰囲気がかなり違う。アナログ盤はオーディエンスのざわめき、声すらリアルに伝わってくる。それほど臨場感に富んだところがアナログ盤の良い所だ。ただSHM-CDリマスターは楽器の線が非常にクリアになっている。ぼやけた線がピーンと張ったような感じ。これは一長一短あるところ。



スポンサーサイト

category: Led Zeppelin

tb: 0   cm: 0

「レッド・ゼッペリン登場」~悩ましいのは帯になりけり..  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓


ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
 


kotalog_zep1_jap.jpg

金曜日に 地元の中古レコード屋さんが、全国の中古レコ屋を呼んで開催しているレコード市があったので行ってきた。何枚か昔買い逃した日本盤を持ち歩いていたら偶然この盤が出てきた。ZEPファーストのグラモフォン盤で、裏名前ミスプリのやつである。勿論、勿論帯は無しなので安かったが1,680円って結構安い!?実物はもっと、もっと生成り色が強いです。
kotalog_zep1_obi.jpg

これはもち紙ジャケボックスの帯だけど、もしこの盤にこの(一応ターコイズを模したんだろうね)ブルー帯が付いたら最近のオークション価格だと最低でも10万、高くて14万はする。オレンジ(これは2ndを模したと思われる)が付いた盤は3万前後で取引されている。あーーくわばら、くわばら。帯が無くてもボッタな業者だったら8K、9Kで売っているところもあるね。何せこのターコイズ帯の中身がオレンジとは全然違うから憎らしい。よく考えるとこの帯が一本10万はすると言う計算になる。怖いねぇ~C・ZセールのCZってクリームとZEPの略だったんだってね、この前知りました(^^;;
kotalog_zep1_name.jpg 

この時代ならミスプリなんて当たり前。帯の価値さえこの当時から分かっていればそれなりに稼げたかも。向かって左からR・プラントにボンゾ、プラントにJ・P・ジョーンズ、ジミー・ペイジは知られていたようで(笑)ジョンジーにボンゾと。
当時の価格は1,800円なり。
kotalog_zep1_in.jpg


当時の世界販売で唯一の見開きジャケ。解説はTBSのデレクター北山幹雄氏による、書き出しが非常に哲学的な文章で、ドラムの叩き方ひとつとってもニューロックだ!と。まぁその通り時代の先端を行くビッググループになるのだけど。
kotalog_zep1_artrock.jpg
アートロックシリーズのロゴマークがLED ZEPPELINの下に、上にはST33 SMT-1067のカタログナンバーが打たれている。このグラモフォン盤ならでわのアルバム・ジャケットだ。
kotalog_zep1_label.jpg




SMT1067A、 B グラモフォン盤。
音質はいくら日本でのアーリー盤だとは言ってもやはり音が籠っている。UK盤のマト1の2ndの盤と比べると歴然だ。ギターの音は立っていないし、プラントのボーカルも奥に引っ込んで籠っている。低音も効いていないし..UK盤はエレキはエッジが効いていて、低音は邪魔にならないくらい鳴っているし、ボーカルの存在感が違う。やはり日本盤か.. 
と言う事はこのグラモフォン盤にとって最大の価値はあの悩ましい帯だと言う事か。私は時代を懐かしむ事が出来てこの盤を買って非常に良かったです。



category: Led Zeppelin

tb: 0   cm: 2

LED ZEPPELIN ⅠDELUXE 3LP Set On 180g Vinyl !! パートⅡ  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓


ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
 

kotalog_zep1re_back.jpg 


前回に続くZEPリマスター3LP セット、裏面です。ネガポジ反転のようなジャケに曲目リストが..直接書いてあるものではなく、シュリンクとの間にセルロイドに印刷されたものが挿入されており非常にこのシュリンクを外しがたい雰囲気になっております。


kotalog_zep1re_1.jpg


表面を広げるとこんな感じ1面に1LPずつ入れていくがEL&Pの「レディース&ジェントルマン」並に盤が動くので扱いにくい。

kotalog_zep1re_all.jpg


向かって左が邦盤(見開きグラモフォン初盤ではない)、今回のリイシュー盤、BOXセットのSHM-CDUKセカンド?(赤/A-1B-1の修正マト)。US盤は持っていないがZEPタイトルのレタリング位置がUKより下なので米盤に準じた仕様となっている。レタリングのオレンジも少し違いがある。

kotalog_zep1re_ura.jpg 


クリス・ドレアの撮影裏面ジャケは今回は内側に回っている。若干コンポーザーのクレジットに著作関連の付け加えが施されている。時代の経過を感じる。

kotalog_zep1re_inside.jpg

>LP2,3は1969年10/10フランス、パリのオリンピア劇場の未発ライブ。かなりデジタル処理してあるだろうけど、当時の録音でこれだけの音質ならオフィシャルとしてもOKだ。オープニングの「Good Times Bad Times」は冒頭の部分のみでほぼコミュニケーション~なので過度の期待は禁物。ただこのメドレーはレアなので嬉しい。初期の「ハートブレイカー」もこの頃のオフィシャルとして前出したロイヤルアルバートホール1970にも入っていなかったので嬉しい。

kotalog_zep1re_reco.jpg


ライブテイクに関しては、上画像のDVDのロイヤルアルバートホールの映像でほぼ雰囲気を掴んでいたので目新しさあまりなかったが本編のリマスターが素晴らしかった。レココレの6月号で特集を組んでいたが、ジミー・ペイジはアナログLPのリマスタリングを重視したそうだ。テスト盤を作製し、何度もチェックし最高峰のアナログ盤を完成させたと書いてある。CDに関しては20年前のリマスターはただアナログをCDに落としただけで、今回はこちらも最新技術でリマスタリングされている。未発表音源に関しても山ほどあるそうで、しかもブートにもなっていないものもかなりあるそうだ。全スタジオアルバムは今後リマスタリングされ発売されるが、その後は未発音源にてライブアルバムも検討されているらしい。期待しよう!

kotalog_zep1re_label.jpg 

kotalog_zep1re_label2.jpg

「グッドタイムス・バッドタイムス」の冒頭ギターブレイクからの衝撃が違う。オレンジレタリング修正マトのUK初盤もかなりの迫力だったが、この盤は楽器が何もかも立体的で浮き上がっている。デジタル技術でここまで音を洗練させられるのか、と思ってしまう。ボンゾの頭抜き3連バスドラのドコドコさと言ったら.. DVDフォーマット以外でここまで音が良いのは凄い事ですねぇ。「ゴナ・リーヴ・ユー」のアコギの一音一音の綺麗さには溜息「ブラック・マウンテン・サイド」もしかり。奏でた音の反響まできっちり聞こえるし、ジミー・ペイジが過去こけ落とされたアコウスティックを大事にしてきた意地を感じる。CDは聞いていないが、どうも3LPセット以外にも本編一枚のものも発売されている?ようなので、正直このライブLPはどうでも良かったかな(DVDでいやほど見たので...)と思うほど本編のリマスタリング精度が凄いと言う事だ。20kもするデラエディは要らないかなぁ~ああⅡ、Ⅲ、Ⅳとかフィジカル~、プレゼンスどうしよう? 


この3LPセットは品切れで現在再入荷未定なので、ライブ盤が付いていない1LP

category: Led Zeppelin

tb: 0   cm: 0

LED ZEPPELIN ⅠDELUXE 3LP Set On 180g Vinyl !!  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓


ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
 

kotalog_zepremaster.jpg

地元であった中古レコード市があったのでふらっと立ち寄ったけど、まぁロックそれほど食指が動くものはなく、まぁ何となく数枚持ち歩いていたらリイシューコーナーって言うのがあって中にこれがあった。ジミー・ペイジ完全プロデュースのリマスター盤、オリジナルに加えジミー・ペイジが言う所のコンパニオン・オーディオという1969年パリでのライブ「Live At The Olympia」がLP2LP3として3枚組になっている。結構な売れ行きで品薄になっているので数枚持っていたどうでも良いレコードを戻してレジへ。勿論新品だったのでシュリンクもしっかりずっしり重い。
kotalog_zepremaster_kota.jpg 

広げるとこんな感じ。kotaroは写真撮っていると必ず見に来るので「どう、これ?」って感じで。
今日は家族で外食したり色々あったので、とりあえずはまだ針を落としていない。今から聞いてみますのでこの続きはPart2と言う事で.

*これをアップする直前に少し聞いてみたけど、この楽器の分離の良さはなんだ!今までのリマスターの中でも一番音がクリアーで立体感が半端じゃないっす。相当時間かけてクリーニングしたんじゃないかな。とにかくライブ含めて全部聞いてみますネ。

↓この3LPセットは品切れで現在再入荷未定なので、ライブ盤が付いていない1LPの方は6/24発売予定です。


2CDのデラックス盤はこちら↓ CDです!










category: Led Zeppelin

tb: 0   cm: 0

聖なる館~ああー帯付きが欲しい...  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
 
kotaroblog_rockcoverart.jpg 
改めて昨年買ってしっかり読み切っていない「Rock Cover Art」をやっと読む事が出来た。ストーム・トーガソンとフロイドの深い関係性が分かったし、あの意味深なアートが生まれる瞬間なんかも書いてあったり興味深い本だ。これを読みながらヒプノシス系のアルバムを聞くとより一層深みにハマるし、特にコンセプト系は面白いね。ZEPとトーガソンは間にピーター・グラントが入っていたのであまり深い関係では無かったとか。で、今回はその肝心なトーガソンじゃなくて、メンバーであるオーブリ―・パウエル(通称ポー)が手掛けたZEPの「「聖なる館」を。
kotaroblog_zepholy.jpg
1973年発売で、タイトルには数字が付けられてきたが、今回は「House Of The Holy」のタイトル付き。ただ例の如く文字表記を一切ジャケ上に載せなかった事でモメて、結局は例の帯を付けて発売することになって一件落着、発売が遅れてⅣから2年後だったがもうすでにこのアルバムの楽曲はライブではとっくに演奏されていた。ライブで演奏されなかったのはあの「デジャ・メイク・ハー」だけだったのでは?ジャケ画は北アイルランドの世界遺産ジャイアンツ・コーズウェイを撮影して画像化したもので、これはオーブリ―・パウエルがやったらしい。「ZEPのやりとりはポーがやっていた」とこの本に書いてあった。この少年少女達はロバート・プラントの子供もイメージに入っているらしいが、確かに映画「永遠の詩」で見られた子供の雰囲気に似ている。このアルバムの楽曲はⅣの延長上ではなくてJ・P・ジョーンズの音楽性が結構表に現れたものとなっており、Ⅳが大好きだーという人には敬遠されがちだが、丁度2枚組ライブサントラ「永遠の詩」で数曲演奏されているタイトル曲~レイン・ソングが何とも素晴らしい演奏だったので結局は幅広く受けいられていたと思う。私は中学生時代にアルバムより先に「デジャ・メイク・ハー」のシングル盤を購入してなんじゃこりゃ!?と困惑した覚えがあるが、アルバム通して聞くとどれもこれも凄くて、この曲順じゃないとダメな事は良く分かる。選曲漏れしてフィジカル・グラフィティ」に入る事になった「聖なる館」や「ブラック・カントリー・ウーマン」が入る隙が無かった事は納得である。特に癖もの「クランジ」「ダンシング・デイズ」はスルメである。この曲が無いと他の曲が成り立たないほどファンキーかつアクセントな曲になっている。「ノー・クォーター」はライブテイクよりスタジオの方が全然良い。あの特徴的なギターサウンド(名前なんかあった様な忘れたけど)が無いとね。時代の流れとともに進化して行くZEPサウンドを味わえる一枚、実に挑戦的なアルバム。「デジャ・メイク・ハー」(イギリス発音でジャマイカとのダジャレみたいなもの)のレゲエはどうだろうとは思うけどね。
kotaroblog_zepholy2.jpg
 ↑この娘がプラントの娘の後ろ姿に似てると思うのだけど..このアルバムは帯付きが一斉発売だったのかどうかは知らないのだけど、中古市場のオリジナル盤には帯の付いていないものも多い。もち、付いているUK盤はめちゃ高額だ。邦盤やUSリイシュー盤などは出回っているがそれでもまぁまぁの値段で流通している。ああぁ帯付きが欲しいなぁ~ 海外サイトは怖いし、過去に3回ほど嫌な目にあっているからなぁ、それでも高いし。この色合いが素晴らしいですねぇ~ でもプラントは子供が紫がかっていて病気っぽいとクレームを付けた、と本で読んだ事があるが、やはり我が子をモデルにした証だからだろうか?
kotaroblog_zepholy_in.jpg

これもアイルランドのダンルース城が描かれている。神々の申し子。綺麗ですねぇ~この色使い。ああぁ帯欲しい..

kotaroblog_zepholy_insert.jpg 

kotaroblog_zepholy_insert2.jpg 
キャンバス地と言うか、大昔の紙の様な雰囲気を醸し出しているインサート付き。元々はこのインサートのみでタイトルや曲目を知らせるはずだったが、あのレコードファンを悩ませる帯が出現した。 ああぁ本物のUKオリジナルの帯欲しい..(しつこい?)邦盤や紙ジャケのじゃなくて。
kotaroblog_zepholy_label.jpg 

K50014 A2 B2 STERLING RLの刻印あり。Wマークなし。マト1のものも見た事があるのでそれが初盤だろうが、出回っているものはこの2が殆ど。状態によっては価格はマチマチだが、ジャケの保存率は割とどれも良いみたい。盤質の問題だ。



category: Led Zeppelin

tb: 0   cm: 1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。