Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

70年代王道ROCKのオリジナル盤の魅力にハマり、初心者マークですが収集中です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

紫の炎 / Deep Purple タマホ~ムのオリジナル盤はこれ  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m

banner (1)  InstagramインスタグラムへGO!!



kotaroblog_burn.jpg 
体調を崩して暫くぶりの更新となりました。身体壊しても仕事は休めないんだよね~(><)なので100%回復までに10日ほどかかってしまった。50を過ぎてからリカバリー能力がかなり低下してしまっている。今井雅之氏のニュースを見ると身体のチェックは不可欠だと誓いましたよ。ご冥福をお祈りします。
画像は言わずと知れた「Deep Purple / Burn 紫の炎」1974年。第3期パープルの幕開け、パープルとして8枚目のスタジオ盤。
それまでも結構TVの効果音やCMでも使われていたけど、広くお茶の間に浸透させたのはやはり「タマホーーム」で、リッチー・コッツェンがVoをとるという本格的なものだったので結構話題を呼んでいる。結構オリジナルと近い出来だったものね。
やはりリッチーはGポジションの手癖のリフが天下一品である。構成も「ハイウェイ・スター」と同じ展開で馴染みあるし、クラシカルな両ソロも素晴らしいし。他にも「You Fool No One」「Might Just Take Your Life」「Mistreated」佳曲揃いで、かなりじっくり作り込んだ感があってパープルのトップ3に入る出来栄えだろう。これまでのパープルと少し違うのは当時21や22歳のデイヴィッド・カヴァーデイルやグレン・ヒューズのソウルフルで今までよりはブルージーな色合いが「Sail Away」に反映されている点だ。この傾向は第3期2作目のアルバム「嵐の使者」の楽曲にも引き継がれていく。グレン・ヒューズはリードVoを取れると言う条件が加入時にあったと言うらしいが、実質はグレンとデビカバのダブルボーカルになっている。「ミストゥリーテッド」は完全にデビカバの一人ボーカルで、多分リッチーはイアン・ギランのシャウトするあの金切り声が好きなのでグレンを加入させた経緯だろう。


kotaroblog_burn2.jpg 

ャケはGarrod & Lofthouse社で、背にタイトルとカタログナンバーTPS3505が印刷、トップにも何故か同じように印刷されている。ジャケに使われているキャンドルはロンドンの老舗のキャンドルメーカーらしい。その表記もあり。
このメンバーで出演したカリフォルニア・ジャムがかなり印象に残っているが、ここでの「ミストゥリーテッド」のリッチーのプレイは圧巻でしたねぇ。レインボーでもお馴染み演奏していたけど。ラストのインスト曲「”A”200」はジョン・ロードのこれまでのプレイとは少し違ったムーグやメロトロンをかなり取り入れたプレイを見せているし実験的な試みにも見える。実はオルガンだけでなくシンセサイザーやメロトロンも相当な使い手なのだ、カリフォルニア・ジャムにもその映像が残っているしね。


kotaroblog_burn_inner.jpg 


白のビニール付のインナーバッグ付属
kotaroblog_burn_label1.jpg
TPS 3505 A-1U Porky Mel Trish刻印あり

kotaroblog_burn_label2.jpg

TPS 3505 B-1U Pecko刻印あり

The Grammophoneリムがファーストプレス。パープルのUK盤は音圧が高い。爆音とよく呼ばれるがその名の通りだ。特に低音が異常に効いてるとか、ギター音が歪んでいるとかと言うわけではないが全体的に音が太くズンズン前に出てくる感じ。EMI Recordsリムの盤はよく出てるが、このグラモフォン盤は最近、結構値が吊り上がっている。

kotaroblog_burn_cd.jpg


オマケ。2006年にでた紙ジャケで、UK初期盤を再現したシリーズで、帯は発売当初のものを復刻。

kotaroblog_burn_cd2.jpg


当時のものとしてはなかなかだが、最近出てる紙ジャケはもっと忠実に再現されたものが多い。ただ水上はるこ氏の当時の水色フォントのライナーも復刻されていてGood!インナーバッグは初期盤と違うがこれも付いていた。



スポンサーサイト

category: Deep Purple

tb: 0   cm: 0

Bananas / Deep Purple~数えてみれば第9期だった..  

文字色ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
 
kotaroblo_purple_bananas.jpg


性格的な問題か一度にどっとやらないと気が済まないのか、長らく続けてきたパープルネタもひとまずは一息つくと言う事でご清聴有難うございました。数えるとギターにスティーブ・モーズを迎えたのが第8期だ そうで、ジョン・ロードが抜けてドン・エーリーが加入したのが第9期だそうです。で、このアルバムは2003年にリリースされた のがこの「bananas」。ジャケデザインが斬新過ぎてハードロックのアルバムだとは到底判断できない位です。いやいや、どうして×2、なかなか粒揃いの楽曲で一時は私もヘビロテでした。スティーブ・モーズが加入した当時の作品は聞いていないのですが、ジョン・ロードが抜けてドン・エーリーに変わった事からジャズぽい要素が加わり、スティーブ・モーズの良さが引き出されているアルバムだと思います。1曲目の「House Of Pain」から重量感のある新規パープルによる自信が満ち溢れた感じがします。それを証拠にこのアルバムを引っ提げてワールドツアーも行われ来日も果たしています。(この後詳細を書きます)イアン・ギランも過去の栄光は脇に置き、このアルバムに合わせた落ち着いたパフォーマンスでなかなかのものです。
5曲目の「Silver Tongue」や8曲目の「I Got Your Number」などパープルの流れを受けたハードで分かり易いヒットチューンも多く、耳触りが非常に良いアルバムとなっております。スティーブ・モーズはさほどカンサス時代とスタイルは変わっていないが、パープルにもしっくりハードな面とクラシカルな面を使い分けれる超ハイテクなギターリストですね。少しだけルックスも良くなったからね。
注意!!音出ます!!
 

↑日本公演はこの「Silver Tongue」がオープニングナンバーでした。 
kotaroblo_purple_panf.jpg 
2004年のワールドツアーで来日した際の地元でみた時のパンフです。私はこの後2009年のイングウェイ・マルムスティーンとのジョイントライブの際も見ました。当時のセットリストは...
01.Silver Tongue
02.Woman From Tokyo
03.I Got Your Number
04.Strange Kind Of Woman
05.Bananas
06.Knocking At Your Back Door
07.Contact Lost~The Well Dressed Guitar (Steve Morse solo)
08.Don Airey solo(incl: Symphony no 9 - Sukiyaki Song - Star Wars main-theme)
09.Perfect Strangers
10.Highway Star
11.Doing It Tonight
12.Pictures Of Home
13.Lazy
14.When A Blind Man Cries
15.Space Truckin'(incl: Ian Paice short solo)
16.Smoke On The Water
~アンコール~
17.Speed King 
18.Hush

だったと思いますが、アンコールはBlack Nightだったかどうかは覚えがはっきりしません。とにかくこの年のツアーは素晴らしかったですね。S・モーズのスタイルが格好良くて、それに老体が引っ張られている感じでした。イアン・ギランも金切り
声はさすがに封印しても新境地を見つけたようで意気揚々でした。会場も一体化して凄いライブだったです。とにかくスティーブ・モーズは上手い!
kotaroblo_purple_panf3.jpg 

kotaroblo_purple_panf2.jpg 
ただ2009年マルムスティーンとジョイントしたこの年のライブは最悪でした。とにかくイアン・ギランが出ない出ない声が..目を伏せたくなると言う事はこういう事で、マルムスティーンからずっと欠伸が出たライブは初めてでしたね。それを気遣う様な雰囲気があって、ノリも悪くニューアルバムからの楽曲もイマイチで酷かった。その時のリストは..
01. Highway Star
02. Things I Never Said
03. Into The Fire
04. Strange Kind Of Woman
05. Rapture Of Deep
06. Mary Long
07. Contact Lost
08. Sometime I Feel Like Screaming
09. Well Dressed Guitar (Guitar solo)
10. Wring That Neck
11. Battle Rages On
12. Keyboard Solo
13. Perfect Strangers
14. Space Truckin'
15. Smoke On The Water
---encore---
16. Hush (Drum solo)
17. Black Night (Base solo)
こんな感じでした。東京ではジョンロードが飛び入りしたり、マルムスティーンがスモーク・オン・ザ・ウォーターでジョイントしたりとお祭りだったようですが、地方ではねぇ..もう多分見る事もないでしょうが後味が悪かったね。
最後アルバム「bananas」からお聞き下さい。実に格好良い曲です。

                        
音出ます!!注意!! 

category: Deep Purple

tb: 0   cm: 0

Made In Europe / Deep Purple   

文字色ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
 
kotaroblo_europe.jpg


リッチーの最後のステージとなった、1975年4月7日のパリ公演を含む第3期パープルとしてはラストアルバム。他、4月4日のオーストリアと4月5日のドイツ公演も収録されているが、どれがどの曲かは不明である。リッチーはギラン、グローバー脱退期にもパープルを去る事を考えていたが、引き留めにあい第三期パープルとして長い時間を掛けて「Burn」を作製し、出来栄えに満足していたが、徐々にデビカバやグレン・ヒューズが自身の好みの音楽に傾向して行ったためパープルでやる事はやり尽くしたと脱退を決意。それから半年のツアーは脱退を隠してステージに立っていたそうで、そのパフォーマンスは終わりに近づくにつれ狂気的になって行ったと言われています。このライブ盤はまさにその終焉を迎える前のパフォーマンスなのでそれがひしひし伝わってくるようで、Burnのソロは刺々しささえ伝わってきますね~ 文献を読むとこの数日前の「You Fool No One」のソロは音源にならないほど凄まじかったと書いてありました。メンバー、特に新入り2人は寸前までリッチーの脱退は知らされていなかったようでショックを受けていたと言われています。この年の秋には3度目の日本ツアーが組まれていたようで、第3期パープルの日本公演は幻となってしまいました。まぁその後トミーボーリン加入後の4期のライブ、「ラストコンサート・イン・ジャパン」が発売されますが、トミー・ボーリンが怪我している日の公演音源なので最悪でした。ガキの頃に聞いたライブでしたが、そんな子供にも分かる最悪なライブ演奏でしたね。
これはある業者のレコード市で購入したものですが、大変汚い手に合い、右上に貼られたシール(業者用のシールらしきもの)が値段表で上手く隠されていて袋に入れるまで値段表ははがさず、そのまま購入して開けてビックリ!騙された。1,500だったけど、顔レーベルのファーストプレスじゃないので知って入れば買わなかったのに。ネットでも安く出回っているので。
kotaroblo_europe2.jpg 
グレン・ヒューズの雄叫びと、リッケンのメタリックベースがジャケから聞こえてきそうですね。このアルバムの「Burn」は名演だと思います。
kotaroblo_europe3.jpg 
日本盤はシングルジャケのも発売されてました。
kotaroblo_europe_label.jpg 
EMIリム TPSA 7517 A-1 B-1
メンバーの顔が透かしてある顔レーベルがファーストレーベルとされているので、これは2ndレーベルになるのかな。
ファーストは聞いた事無いけど、この盤でも凄く良い音してます。爆音です。音の拘りには半端ないイアンペイスとマーティン・バーチがMixを担当してます。




category: Deep Purple

tb: 0   cm: 0

In Rock / Deep Purple そろそろパープルシリーズも終わり..にしようかな?  

ブログランキング参加中です! ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m
banner (1)
 
kotaroblo_inrock.jpg 
パープルシリーズが続いていますが、そろそろやめようかな~と思いましたがこれは載せておかないと。
パープル・サウンドを確立するためには、平均的なラブソングは抜群だがロック、シャウトする部門では劣っていたロッド・エヴァンスと、テクはあるが所詮スタジオミュージシャンだったニック・シンパーを解雇してイアン・ギランとR・グローバーを獲得してこのアルバムを作った(本来はこれは2枚目でロイヤルフィルハーモニック・オーケストラが先)。イアン・ギランはリッチーの一目ぼれで、グローバーはイアン・ペイスがとのフィーリングがベストで決まったらしい。とにかくハード・ロック、へヴィメタの祖的なアルバムには間違いない。この辺りのバンドが好んでやってきたブルーズ、ロックンロール、サイケデリックな面をほどよくハードロックと融合させ、当時ではこういうサウンドのパイオニアだったのではないだろうか。リッチーはこの辺りからギブソンES335からストラトキャスターに完全に移行して(チャイルド・イン・タイムではまだES335で演奏されている動画が残っている)メタリックでトリッキーなプレイを確立させているし(スピード・キングやHard Lovi'n Manでのソロプレイ)、イアン・ギランのボーカルはハイトーンからの叫びに加え、チャイルド・イン・タイムでは説得力のあるボーカルでも上手さを披露していて前々作より一皮も二皮も剥けた印象を受けたであろう。定番の曲は勿論、ブラッドサッカーやイントゥ・ザ・ファイアーなどマシーン・ヘッド辺りまでにも通ずるオリジナリティーあるメロディーやリフが素晴らしい。唯一少し趣の違う、ライトで軽快な「Flight Of theRat」があるが、これもアルバムの雰囲気を壊してなく良い曲だ。ラストにはイアン・ペイスのドラムソロも入っているが、ステージ上のソロ用に使われたのかは定かでない(私は)この頃ストーンズの「黒く塗れ!」をイアン・ペイスのソロ用の曲として用いられていたらしいので、それから一気に「ミュール」に移行したのではないか?非常に勿体ないほどの秀曲であるが..
上画像はUKファーストプレス盤で、EMIブロックロゴとハーベストロゴが並ぶ。この辺も中古買いの参考アイテムになる。

kotaroblo_inrock2.jpg
裏面も同じデザイン。両面ともラミネートコーティングされている。
kotaroblo_inrock_jyakeura.jpg
内側はコーティングされておらず、シンプルなモノクロ基調の歌詞、曲名クレジットにポートレイト。
kotaroblo_inrock_label.jpg
SHVL 777 A-2 B-1がファーストマト。EMIブロックロゴなし。グラモフォンリム。
スピードキングのイントロ前のハードなジャムがぐおおおぉ~~んとなる迫力が凄い。ドラムインするまでの緊張感がたまらないファーストプレス。やんちゃでぶっ太い音だけど意外と結構音が鮮明で良い。大音量で聞いて何ぼのアルバムである。

そろそろパープルも終わりにしようか..でもまだやるかも..です。

category: Deep Purple

tb: 0   cm: 0

ストレンジ・ウーマン / Deep Purple ~EP盤  

ブログランキング参加中です! ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m
banner (1)
 
kotaroblo_fireball_ep.jpg 

 
前回書き切れなかったオマケの「Strange Kind Of Woman」のシングル盤です。これは私が中学生の頃、京都へ修学旅行行って帰って来た後残ったこずかいを握りしめ、家に帰る前に中古屋へ寄って買って帰った時のものです。まぁやる事がガキでしたよね。日本でのファーストプレスですね、値段が400円ですから。ブラックナイトのシングルヒットを受けてのこのシングル、ヒットしたようですが、日本盤ではアルバムに収録されておりました。B面は未発表であった(その後コンピ盤にはよく収録されましたが)「I'm Alone」でした。まぁこの曲はあまり起伏のない曲なのでシングル用と言えばそれまでですが、リッチーのソロがそれらしいインプロで取りあげると言えばそれ位の曲です。文献によるとある一定の期間だけ演奏された事があるらしいのですが。ストレンジウーマンはその後ずっとライブで演奏されてきた曲ですが、やはり70年代初頭にプレイされた頃のイアン・ギランとリッチー・ブラックモアのインプロの掛け合いが込まれた演奏が良かったですね。
kotaroblo_fireball_ep4.jpg
kotaroblo_fireball_ep2.jpg
kotaroblo_fireball_ep3.jpg 
1971年当時、ワーナーパイオニア一押しCSN&Yの広告スリーブ付き。アフター・ザ・ゴールドラッシュ、名盤です。また取りあげたいと思います。
kotaroblo_fireball_epban.jpg 
グリーンレーベルですね。この盤もこのレーベルもまだ結構見かけますが、間違いなく無くなって行く文化遺産です。
kotaroblo_fireballep.jpg 
オマケのオマケ。76年に発売された後発の「ファイアーボール」。カップリング(昔はB面という差別用語(笑))は「誰かの娘」
この盤はしょっちゅう見掛けますね。
kotaroblo_fireballep2.jpg
折角なんで裏面も。ファイアーボールからのシングルカットはストレンジウーマンを入れても2曲だけだったと思います。
次はUKファーストプレスの「In Rock」です。

category: Deep Purple

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。