FC2ブログ

Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

60,70年代ROCKのアナログを中心にご紹介

Fireball / Deep Purple ~UK初盤の音は凄いよ~  

ブログランキング参加中です! ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m
banner (1)
 
kotaroblo_fireball.jpg 

前回マシーン・ヘッドと言う事で一つずつ戻って「ファイアーボール」です。 In Rock 」のヒットを受けて、フルスケールのワールドツアー中のタイトなスケジュールで製作されたと言う事でメンバー、特にリッチーは気に入っていないというか悔やまれるアルバムだと言っているが、アルバムのアートワークを含め聞き応えのある曲や意外性のある曲があるので私自身は聞き飽きなくて好きです。何はともあれ「ファイアーボール」はパープル史上一番タイトでスリリングな曲なので一番印象に深い曲かな、と思う。これはUK初盤ですが、イギリス、ドイツ盤はA面3には「Demon's Eye」が収録されている。日本や米盤は代わりにヒット曲でもある「Strange Kind Of Woman」が収録されている。この「Demon's Eye」はジョン・ロードのムーグのリズムに乗ってどブルースなフレーズで展開して行く曲ですが、こういう系が根付いていない島国ニッポン盤に、同じブルース系のストレンジ・カインド~が収録されたのは米盤追随型の日本リリース事情で、アメリカ経由でのアルバム発売が当時当然のこととなってましたよね。まぁ偶然にもデイモンズ・アイ収録するよりは日本向けだったと思いますが、こういうブルースロックが好きな米盤に入れ替えとなってのは何故でしょうね。まぁこちらの方がシングルヒットだし売れると思ってのでしょうか。さて、A面はタイトル曲を含め曲のアンサンブルを中心にした曲が並んでます。意外なのは「誰かの娘」で、イン・ロックであれだけ激しいハードロック路線を打ち出しておいて、ここへ来てカントリーを平然とやってしまう所。これは意図なのか過密なスケジューリングでコンセプトが狂ったのか?金切り声だけじゃないんだぞ、というイアン・ギランの主張が存分に訴えられております、ハイ(笑)リッチーのスライドGが心地よくセンスがイイネ!B面は一転攻撃性の強い曲3曲で、イアン・ペイスのドラムソロの定番曲となった「The Mule」は独特のドラム音を出している。文献読むと、スタジオの廊下にセットを移して全トラックを録り直したそうだ。特にB面の楽曲のドラム音はナチュラルなエコー感かより立体的に聞こえるのは気のせいだろうか(?本読んだから(笑))このミュールの様なドラムの音は他のアルバムでも聞いた事が無い。このイアン・ペイスのアイデアは次のマシンヘッドに受け継がれるのであった。メデタシ。B面2曲目の「Fools」。鬼気迫る演奏、迫力..リッチー×イアン×ジョンの死闘の様なダイナミックさを持つ、このアルバムで一番耳を持って行かれる曲。このドラム音も凄いぞ!この流れでラストの「No One Came」。ここでは多分当時流行っていたんだろうね、テープ逆回転にて新しい(当時)試みも加えている。そういう余裕はあったようだ。
因みにイアン・ペイスが「ファイアーボール」でアルバムではツインバス踏んでるかどうかは知りませんが、ストックフォルムのライブ映像(モノクロ)ではローディーがバスドラ1個追加してツインバス踏んでる映像がありますね。後にも先にもイアン・ペイスがツインバス踏んでる映像はこれ位なのかな?

kotaroblo_fireball_2.jpg


とてもリングウエアが出来やすいジャケなので保管には気を使います。71年のニュー・ミュージカル・エクスプレス誌が選ぶNo1デザインジャケですから。まぁ当時のパープルの勢いを表しているようですね。ジャケの表面はザラッとしたテクスチャジャケ。粒粒っと光ります。

kotaroblo_fireball_3.jpg 
内側も同じ加工が施されている。Printed and Made by Garrod and Lofthouse.Ltd.,
kotaroblo_fireball_inner2.jpg kotaroblo_fireball_inner.jpg


この紫色のインサートが付きます。歌詞が印刷されてますが曲順は違います。「NO NO NO」と「Demon's Eye」が逆。

kotaroblo_fireball_innerbag.jpg 

レコード広告の袋。
kotaroblo_fireball_label.jpg

SHVL 793A-2U 793B-3U グラモフォンリムでこのマトが初盤。このパープルのグラモフォンリムの盤は本当に音の厚み迫力が凄くある。印象が違って聞ける。「Fireball」、「The Mule」「Fools」の音はぶっ飛びます。

無念..オマケに「ストレンジ・カインド・オブ・ウーマン」のシングル盤も載せようと思いましたが、明日朝早いので残念ながら寝ます。次回やりたいと思います。その次はまた一つ遡って「In Rock」をやりたいと思います。暫くはパープル祭りじゃ!

category: Deep Purple

tb: 0   cm: 0

Machine Head / Deep Purple これもか!?40周年アニバーサリー  

ブログランキング参加中です! ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m
banner (1)
 
51gPVMIIxXL__SL500_AA300_.jpg 
前回ジェスロ・タル・ネタやったらアクセス数が減ったので(笑)今回、以前飛ばしたパープルネタで行きます。タル・ネタは一杯あるけど追々更新します。
前回ログのタルの「ジェラルドの汚れなき世界」も1972年のリリースなので40周年アニバーサリーだったが、このパープルの「マシーン・ヘッド」も72年と言う事で無事にアニバーサリーが登場した...ん?72年って大量の名盤が生まれている年、こんなものやろうと思えばみんなアニバーサリーで登場するやないかい!まぁ買うか買わないかはこちらの勝手なんで十分検討してからにしましょう。一般の子持ち40代には手の届かないセットも多々ありますので。ジミヘンのアルバムもブルー・スペックで紙ジャケでついに登場しますね、12月。ああぁ~ボーナス前借。上のセットの内容は画像からジャンプしてご覧下さい。5CDセットのハードカバーのブックレット付いてアマゾン価格で6,811円です。グローバーmixやハイレゾDVD、来日前のパリ公演のin Concertなどなどがセットとなっております。

kotaroblo_machinehead.jpg
で、これが本物の「マシーン・ヘッド」です(^^;UK初盤マト1のやつです。よく爆音盤とか言われてます。私は昔中古で買った日本盤やCDをずっと聞いてましたが、これを聞いてぶっ飛びました。さすが世界No1の爆音バンドです。最近リマスタリングされたCDは聞いてないので何とも言えませんが、CDで聞いて来た感覚とも違うまさに爆音なんです。ただ音が厚いと言うだけでなくしっかり楽器の輪郭が歪む事無く再現されていて非常に音も良い。「ハイウェイスター」のイントロなんぞのけ反ります、ドリルでダ、ダ、ダ~
kotaroblo_machinehead2.jpg
あまりにも有名なアルバムですね、72年のベストアルバムに選ぶ人も多いです。私も含め、ロックギター・キッズにはとにかく、とにかくこれからコピーしなさい、という教科書でございます。ハイウェイスターのあのソロフレーズ、3連ピッキング、とにかく追いつけなかったらトリルやアームでごまかせ、ライブバージョンや!こういう感じで一日中ギター弾いてましたね。「スモーク・オン・ザ・ウォーター」のソロはテンポも遅くてそれほど難しいテクも必要ない..とんでもないです、あれほどリズム、タイミングの難しい曲はありませんね~と当時は思いました。完璧に口ずさめるようになってから、ハミングと同時に後追いでソロをコピーした事を想い出します。ロック・ベーシスト、ドラマーにとっても基礎となる楽曲が多いとても為になるアルバムです。今の中、高校生はこんなの聞かねぇんだろうなぁ~ でも高校野球の応援歌や吹奏楽部の演奏楽曲にも選ばれてますよね。我が家の娘は吹奏楽部でバーンやスモーク・オン・~、ハイウェイスターのメドレー今やってるそうです、ビックリ。
「ライブ・イン・ジャパン」で取りあげられているA-1、B面全ての曲があまりにも凄い曲なので隠れてますが、A-2,3,4とも普通なら日蔭の曲なんかではありませんね。「ピクチャーズ・オブ・ホーム」なんかスリリングでI・ギランの上手さの光った名曲だと思いますね。いやぁこうやって久々に通して聞くとやっぱり素晴らしい。
kotaroblo_machinehead_sleev.jpg
スモーク・オン・ザ・ウォーター」の元となったカジノの火事..^^;このジャケットにこのアルバムが作成された経緯が写真でも垣間見られますね。結局行きついたホテルの廊下も写ってるし。ただこのカジノが火事にならなければ"あの”名曲は生まれていなかったと思うとこれもまた運命だったのでしょうね~70年代初頭と言う時代のパワーなのだ。
kotaroblo_machinehead_insle.jpg
ローリング・ストーンズのモービルユニットを使用した事や、カバースリーブデザインをロジャー・グローバーも担当してた事も記入さてます。アルバムジャケの裏側にベースが写ってるのもそう言う訳だったのか!?
kotaroblo_machinehead_linner.jpg 
歌詞カードが付属。長いです。まさに深紫で縁どられてる。あれ?日本盤にこれ入ってたっけ?もう売ってしまったので忘れました。
kotaroblo_machinehead_inbag.jpg 
注意書き入りのこの白のインナーバッグ。

kotaroblo_machinehead_label.jpg
TPSA 7504 A-1U B-1U グラモフォンリムが初盤。やはり初盤です、音の鮮度が違う。 本当に音が良いのでオークションなどをこまめに探せば、上手くいけば5K前後で購入できる事もあるので、聞ける環境のある方は是非トライして見て下さい。


category: Deep Purple

thread: 洋楽ロック - janre: 音楽

tb: 0   cm: 0

Deep Purple Live In Japan(不)完全版  

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m
banner (1)
 

kotaroblo_dpljapan.jpg

前回アナログ「Made in Japan」をアップしましたが、これはオフィシャルでのライブ・イン・ジャパンの一応完全版と呼ばれるものです。初来日公演、3公演のリールテープがアルミ箱から見つかり発売が決まるが、一公演丸ごとCD化すると容量の都合で6CDになってしまう昨今でいえば 6CDや7CD,1万や2万円のボックスセットなんてざらで、本当に好きならいくら払っても手に入れる今日この頃なのだが、この頃は売れないと判断したのだろうね。1dayにつき2曲ほど割愛して3CDに纏め上げたのがこれ。
当時の セットリストはこちら↓
1972/8/15 大阪フェスティバルホール1972/8/16 大阪フェスティバルホール1972/8/17東京 武道館
1. Highway Star1. Highway Star1. Highway Star
2. Smoke On The Water2. Smoke On The Water2. Smoke On The Water
3. Child In Time3. Child In Time3. Child In Time
4. The Mule4. The Mule4. The Mule
5. Strange Kind Of Woman5. Strange Kind Of Woman5. Strange Kind Of Woman
6. Lazy6. Lazy6. Lazy
7. Space Truckin'7. Space Truckin'7. Space Truckin'
encoreencoreencore
1. Black Night1. Black Night1. Black Night
2. Speed King2. Lucille2. Speed King
このCD完全版と謳いながらも上記の赤字が割愛された曲で、ほぼ正規の「ライブ・イン・ジャパン」で使用された曲を中心に16日はアンコール自体がカットされている。MCも出来るだけ残してはあるが、容量に合わせるようにカット。
正規のライブ盤では15日は「スモーク・オン・ザ・ウォーター」のみで16,17日にのテイクがほぼ使われている。
なのでこのCDの15日分のディスク1はというと、ギランの「Good Morning!」で始まり徐々にピッチを上げていくが、全体を通すとさすが初日の1曲目ノリが感じ取れないし、ソロパートにおいても2人ともかなり流し気味でこれもイマイチ。イアン・ペイスすらも一部ドラミングをスカる場面もあり乗り切って無いかなぁという印象。「Chiild in Time」は3日通してもどれも良い出来だと思うが。「ストレンジ・ウーマン」の正規盤は、出だしのGソロに追随してギランのAll Right!と言うシャウトが入るが正規盤の16日のテイクしかシャウトしていない。あのバージョンが格好良い。この曲のキモであるリッチーとギランの掛け合いは勿論アドリブなので違う所もあって面白いが、やはり正規盤の掛け合いが一番上手くいっている。この曲に関してはこの日の演奏が3日通してもパワフルで良いが、流石に手を付けないとこの荒々しさでは..「Lazy」も冒頭のジョン・ロードのオルガンソロは雰囲気は通して同じだが、フレーズがどれを通しても8割方違っている。この辺3日通して聞けるのは有難いね。初日は今日の料理のテーマ曲..曲名何だっけ?スイスの民謡か何かだったと思うけど..は演奏されていない。ここ、ここと知っているだけにスルーされると白けます。「Space Truckin’」は俄然正規盤のテイクが3日通しても良い、かなり。正規盤は曲の紹介があってから1分10秒もたった後のフェードインだったんですねぇ~こういうのもこのCDでしか味わえませんね。ただ初日のお客さんの反応は凄い..あと「ブラック・ナイト」終盤でのソロの掛け合いででリッチーがトレモロし忘れたりとか、まだまだ他にも一杯ありますが、聞けば分かるし3枚組なんてあっという間に聞けちゃいます。
ただ 完全版と言うからにはMCやアンコールまで全てはいっていないと名前に偽りありだし、それを聞けばまた感じ方も変わるかもしれないので、6CDで是非発売を請う!音源が無いのなら仕方がないが、値段が高いと売れないだろうとか、コンパクトに纏めた方が買い易いとかと言う商業的な見地(多分こんな理由でしょう)からこの音源を吹封印するのは業者のエゴである。何せ音が素晴らしく良い。40年前の録音ですよ!奇跡ですな。
kotaroblo_dpmjapan.jpg
リマスター盤。正規盤がリマスターされた上に、東京でのアンコール「ブラック・ナイト」と「スピードキング」、大阪16日のアンコール「ルシール」が2枚目のCDに3曲収められている。このブラックナイトはシングル盤にもなった伝説のテイクで、私も色んな音源でブラックナイトを聞いたけど、これだけパワフルで、スリリングな、ライブ演奏としてこれほど完ぺきな演奏は聞いた事が無い。あのリッチーのフィードバックは奇跡としか言いようが無い。完全版は割愛されている。
例え完全版+リマスター盤を足してコンピしたとしても完全にはならないので、「マシーンヘッド」の40周年記念に乗じて是非、是非完全版の完全版をリリースして下さい、メーカー、業者さん。




category: Deep Purple

thread: HR/HM - janre: 音楽

tb: 0   cm: 0

2枚組ライブ盤①Made In Japan / Deep Purple  

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m
banner (1)
 

kotaroblo_deeppurple.jpg
出張やらお葬式やらあって久々の更新になりました。
パープルの「マシーン・ヘッド」発売40周年記念盤ボックスセットが発売されますね。この辺りの王道ロックは近頃発売記念云々の商売が多発しています。とりあえずこれはUK盤だけど、日本盤が発売されるとすれば盤の内容は同じでも紙ジャケの質の違いで売るんでしょうね。SHM-CDとかブルースペ;ックとかHQCDとか盤質も変えて。ほぼミックス違いで2,3枚、オフィシャル未発のライブ盤、ハイレゾDVDで5~6枚組なんて言うのが主流となってます。ハイスペックなオーディオがあれば楽しいのでしょうが、私はこの手のはほぼ意味が無い、買うとすればジャケの為の買いでしょうか。
ライブ盤って言うのは、例えばそのバンドの曲性やライブでの演奏技術なんかで1枚、2枚、3枚の組み合わせになりますが、ロックバンドでのライブ盤はやはり2枚組が良いですね。そのグループのピークを迎えた時の絶頂期ライブが2枚組になり易いので名盤が多いです。これはUKファーストプレスですが、本来は日本人スタッフによりレコーディングが行われ「Live In Japan」として出したものを、ロジャーグローバーとイアン・ペイスがミックスを施して「made in japan」として発売した経緯があるらしいですね。色んなライブ盤を聞いてきても爆音と言う言葉が適切なのはこのアルバム位でしょうね~ 世界一ラウドなバンドとしてギネスにも載る位ですから、その楽器一音一音の太さは半端じゃないですね。
ファーストプレスなので、すでに40年たったジャケなので傷つきやすいラミネートはかろうじて持っている。これが状態が良いと結構高値なんですよね。CD等には枠が黒色になっているがオリジナルはゴールドだ。これはジパングを想像した事なんだろうか?まだゲイシャ、フジヤマ、サムライなんて時代だったんだろうね。。
kotaroblo_deeppurple2.jpg
大阪フェスティバル2デイズ、武道館1日で「ミュール」と「Lazy」が武道館テイクですね。私は中学生の頃金欲しさに日本盤の「Live In Japan」とレインボーの「On Stage」を、当時「Music Life」と音楽情報誌業界を二分した「音楽専科」の売りますコーナーに出品して無事奉公に出した経緯があり、その後はこの2枚は意地でも買い直さずカセットテープでやり過ごし、CDリマスター盤や完全版を購入して、1年半ほど前にこのオリジナル盤を手にしました。アナログ日本盤がどんな音出してたかは覚えていませんが、このファーストプレスはぶっ太い爆音を鳴らしています。耳痛い位。私も中学生の頃「ホワイトスネイク」を地元で見た時、デビカバの「カモ~~ン」ってシャウトの恐ろしくでかい音に本当に腰が折れるかと思った位で、この当時オープニングのリッチーのフィードバックを耳が劈く~とのけ反ったジャパニーズが思い浮かびますね。いいなぁこの頃を体験できた世代は。日本人のレコーディングスタッフも曲中に、しかもアルバム用に録ってるよっちゅうのに「ハイウエイ・スター」の途中でチューニングし始めるリッチーに困惑したんじゃない?(あくまでも推測です^^;)完璧型日本人にとっては信じられないアバウト加減。でもリッチー・ブラックモアの用な芸術家は傍から見て無駄な行為とも思える行動、仕草が皆アルバムに置き換えると無くてはならない曲の一部になっている所が天才の由縁なんでしょうね。この頃のミュージシャンには型破れなアーティストが多かった。イアン・ペイスのラディックの最小編成セットに於いても、あの手数多いドラムの音色、イアン・ギランは金切り声だけじゃなく、R&Bボーカリストの上手さも十分に聞けるし、「スペース・トラッキン」でも聞ける、とにかく聴衆の盛り上げ方、まさにリハーサルをやるって来たかのようなアドリブののせ方もまさにライブ盤の真骨頂ですよね。つい先ごろ亡くなったジョン・ロードにはハードロックにおいてのオルガンの使い方教室の様な演奏でしたね~ あのファズの掛かったバッキングこそ縁の下の力持ちで、ソロは流麗にバックは力強くです。 ここ数年でギターがスティーブ・モーズが就任して2回パープル(老)を見ましたがイアン・ギランが痛々しくてたまりませんでした。あの頃の幻影を追い求めて、多分これからも出るであろう完全版よりさらに完全版なCDを待ちたいと思います。
kotaroblo_deeppurple3.jpg 
カバーデザインにもロジャー・グローバーのクレジットがあります。なかなか東洋ぽくて良いですね。ジャケの色と言いライブ・イン・ジャパンの先駆けの頃だったから、意識し過ぎやろ!と言う位東洋チックです。
kotaroblo_deeppurple4.jpg 
made in GB、グラモフォン、Printed & made by Garrad & Lofthouse Ltd です。
kotaroblo_deeppurple5.jpg 
白のmade in GBのインナーバッグ×2
kotaroblo_deeppurple6.jpg 
side1 TPS3511 A-1U Porky 刻印 side2 B-1U Delta Pork刻印 side3 A-1U Pecko刻印 side4 B-1U Peckie刻印
グラモフォンリム↓がファースト、これ以降はEMIリムとなる。中古市場ではEMIリムになるとぐんと 値が下がる。とにかく音がぶっ太い、が音の感想(笑)
kotaroblo_deeppurple7.jpg 

画像が多すぎたのでCDの事は次回にします。

category: Deep Purple

thread: 洋楽 - janre: 音楽

tb: 0   cm: 0

さよならJon Lord  

kotaroblog_jonlord.jpg 

ジョン・ロードが7月16日(2012年)に肺の塞栓症のため亡くなった。71歳。すい臓がんを患っていた。
今日仕事中NHKのラジオで知りました。NHKニュースになる所が彼の偉大さを物語っていますね。私はホワイトスネイクが70年代に来日した際、私は中学生でしたが、ジョンロード側確か13列目位で生プレイを見られた事は幸運でした。ハモンドをユッサユッサ揺らしながら弾くあの姿は忘れません(大男だった) デビカバがMr.Jon Lordとソロに入る前に敬称付きでコールしてた事が影のリーダーであった存在感がそうさせたのでしょうね。
kotaroblog_jonlord_1.jpg
74年の化け物イベント、カリフォルニア・ジャムからのグレン・ヒューズとの掛け合い。リマスターDVDより「Burn」での一コマ。 アルバム、Made in Europeでのバーンでのオルガンソロは素晴らしいですね~もう何千回聞いたか分かりません。クラシカルなフレーズが実にハードロックだし、リッチー必要不可欠、唯一無二な存在だったのでしょうね。この頃。
kotaroblog_jonlord_2.jpg 
ロンドンブーツに飾り気の無いダンガリーのシャツとジーンズ。髭。
kotaroblog_jonlord_3.jpg 
オルガンプレイヤーだが、シンセも当然上手い。メロトロンも弾けばローズピアノだって弾く。
実に惜しいし、早すぎます。ストーンズだってチャーリー・ワッツだってまだまだプレイしてるのに..合掌
↓2010年のChild in Time の映像です。



category: Deep Purple

tb: 0   cm: 0