FC2ブログ

Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

60,70年代ROCKのアナログを中心にご紹介

ポセイドンのめざめ / キング・クリムゾン  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m

banner (1)  InstagramインスタグラムへGO!!


kotaroblog_crimson2.jpg 


1970年クリムゾンのセカンド「In Th Wake Of  Poseidon」ポセイドンのめざめ。
あれだけのアルバムを世に送り出しておきながらもメンバーは流動的で自分の居場所を探し出す。ド天才1人他天才。やはりフィリップ翁のプロジェクトであることがこのセカンドでありありとなっている。いくらお客からの問い合わせ殺到でも従業員が居なくては運営ならず、結局出戻りでセッション参加したり、急造ボーカルでしのいだり、コンセプト打ち出しているのに天才ジャズピアニストとのコラボがぽつんと入っていたり(オマケにシングルカット)困難極まりない状況で製作されている。にも拘わらず曲は良いんだよね~ この人(フィリップ)には確固たる自信があるだろうね。Peaceを絡めたコンセプト調な曲がポイントに置かれているが、どうもA面を聞いていると宮殿の構成と重なるところ多し。「Picture Of A City」はスキゾイドマン、位置付けが風に語りての「Cadence And Cascade」は小節の効いたグレッグ・レイクが歌うよりもゴードン・ハスケルが秀逸で意外や素晴らしい。戦争の地に咲く一輪の花。タイトル曲「In The Wake Of Poseidon」はまるでエピタフ。メロトロンの響きから聞くとこちらの方が壮大かもしれない。多分作られた時期的に伝説のファースト製作時期に重なるところが多いのだろうけど、徐々に変革の度合いを大きくしていくクリムゾンにとっては貴重な時期かもしれない。メロトロンを聞け的なB面からするとやはり「Cat Food」は異質だ。キース・ティペットによる自由過ぎるインプロは目が覚めるような痛烈な破壊力があって素晴らしいし、その反面リズムとメロディーが実にポップに練られているし、クリムゾンを通しても特有な1曲では。


kotaroblog_crimson2_1.jpg 
 

このジャケのデザインコンセプトにもP・シンフィールドが携わっていて、このアルバムの一応なコンセプトはギリシャ神話から来るものなのでこうなっているが、曲にワードで色彩を出せる才能は素晴らしいね。


kotaroblog_crimson2_hikaku4.jpg

ずっとセカンドプレス以降のPalm treeレーベルのもの(向かって右)を聞いていて、つい先日海外セラーからファーストプレス盤を購入した。それが向かって左。いままで初期盤として当たり前に聞いて、ジャケを見てきたが、驚くほど両者違っているのでご紹介。


kotaroblog_crimson2_hikaku3.jpg


kotaroblog_crimson2_hikaku2.jpg


画像上がファーストプレス盤ジャケ内側で、表はキャンバス地エンボス加工だが内側の歌詞、クレジット部分には加工されていない。これが当たり前であったのだ。セカンド以降のものは内側も加工されていて歌詞の文字が分けわからん事に..読めない。因みにファーストはE.J.Dayで、セカンドはRoborのクレジット。
kotaroblog_crimson2_hikaku.jpg 
向かって左がファーストプレス盤ジャケで、油絵キャンバスそのもののエンボス加工がされていて、セカンド以降のものは点字の様な粒粒なエンボス加工。これが決定的にジャケの絵画の質感を変えている。シンフィールド他がコンセプトしたスリーブ・デザインは明らかにファーストの方であり、生で手に取ってみると全く迫力が違う。


kotaroblog_crimson2_ura.jpg
 
裏側(ファースト)。強烈なインパクトだったファーストの水彩絵から、ねっとり質感のある油絵調に。


kotaroblog_crimson2_label3.jpg
ILPS 9127 A-4U

kotaroblog_crimson2_label4.jpg
ILPS 912B-3U
今まで何年もこのピンクリム、Palm treeレーベルで少しマトの進んだ盤で聞いていたがPicture Of A Cityなんてかなり野太い音がするので全然問題なく聞いていた...が
kotaroblog_crimson2_label1.jpg


ILPS 9127 A//1

kotaroblog_crimson2_label2.jpg

ILPS 9127 B//1

この盤に針を落としてPeace- A Beginningからの静寂さと音の粒の細かさ。セカンドプレスではただ野太いだけだったPicture Of A Cityの楽器一つひとつの立体感。あれだけ色んな音が混じり合っているのにもかかわらず全て音がクリアに聞こえるし、メロトロンの音も歪みなくクリア。もうセカンドには針を落とせなくなった。あまりの違いにあぁ早く買っておけば良かったと後悔。だってクリムゾンの相場ぐんぐん上がっていて、海外セラーでもヤフオクの方が安かったりするもの..

category: King Crimson

tb: 0   cm: 0

何とか届いたUSA  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m

banner (1)  InstagramインスタグラムへGO!!



kotaroblog_crimson_usa.jpg



昨日も今日もイベント参加の為仕事でしたー。纏まった休みが欲しい、レコード聞きたいっす。と洞穴に叫ぶ今日この頃。
ストレスで海外セラーからポチッと押してから40日、何とか到着しました。アメリカのセラーでも1か月以上掛かった事が無かったので大変ビビりました。空路なはずなんだけど船便で来たのかな?このUSAは米盤と紙ジャケCDで聞いていたので英盤が欲しかったです。クリムゾンは国内も海外も価格が高騰してますねーー ジャケはEX評価だったのですが、盤は海外セラーの信用できないVG++だったので心配してたのですが開けてビックリ綺麗じゃないですか!?ジャケも背はパキーンと、ラミネートの歪みも表に1箇所と、焼けやすいIslandのブルーインナーもほぼ焼けなしの美品でグレート!これだからギャンブルはたまらん。まだ針を落としてないので、クリーニングしてから聞いてまたアップします。D・クロスも嫌いじゃないけど、このアルバムのジョブソンのヴァイオリンは素晴らしいです。流石と言いたい。リマスター盤に初めてボートラで「スターレス」聞いた時も鼻血ブーでしたね。 更新用の写真一杯ストックしてあります。8月インしたらヒマになるかな!?でもそれも困る。

category: King Crimson

tb: 0   cm: 0

キング・クリムゾン / Live At The Orpheum ~復活も物足りな過ぎ..新譜は期待。  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m

banner (1)  InstagramインスタグラムへGO!!


kotaroblog_kcorpheum.jpg 
昨日、仕事から帰ったらこのレコードが到着していました。
(皆様が拙ブログよりポチッとアフィリして頂いたおかげですm(_ _)m感謝申し上げてしっかりご紹介させて頂きま。)
再始動したキング・クリムゾンの2014年9/30と10/1、ロスのOrpheumシアターでのライブ盤のアナログ。勿論CDも出てますががあえてLPを注文しました。
ちょっとこの2日間のライブのセットリストをネットで調べてみました。下記

2014 Sep 30                                                  2014 Oct 1

Larks' Tongues in Aspic,P1                             Walk On : Monk Morph Chamber Music
1.One More Red Nightmare                             1. 
Larks' Tongues in Aspic,P1
2.VROOOM                                                      2.
Pictures of aCity
3.Coda:Marine 475                                          3.
A Scarcity of Miracles
4.A Scarcity of Miracles                                  4.
Hell Hounds of Kim
5.Pictures of aCity                                          5,Red
6.Level Five                                                   6.VROOOM
7.Banshee Legs Bell Hassle                            7.
Coda:Marine 475   
8.The ConstruKction of Light                           8.
Banshee Legs Bell Hassle  
9.Red                                                            9. 
The ConstruKction of Light 
10.The Letters                                               10.Level Five
11.Sailor's Tale                                              11.The Letters
12.The Talking Drum                                      12.
Sailor's Tale    
13.
Larks' Tongues in Aspic,Part 2                   13.The Light of Day
14.Starless                                                    14.The Talking Drum
Encore:                                                         15.
Larks' Tongues in Aspic,Part 2  
1Hell Hounds of Kim                                      16.Starless       
2.21st Century Schizoid Man                          Encore: 
                                                                                           1.21st Century Schizoid Man 


このリストから編集されチョイスされたのがこの7曲
Side One
1. Walk On : Monk Morph Chamber Music
2.One More Red Nightmare   
3.Banshee Legs Bell Hassle
4.The ConstruKction of Light  
5,The Letters   
Side Two
1.Sailor's Tale 
2.Starless

トータル40分強のお試しセット編集盤というイメージが強い。この布陣で活動していくにあたっての純粋な前宣伝ならまだしも、これは完全にフィリップの企みとしか思えない。現にこのライブの全容が気になって仕方がない。このセットであれば2枚組で行くしかないだろう、物足りないのもほどほどである。内容に関しては「再び赤い悪夢」は良いですね。まぁ言っても仕方ないのだが、ギター兼ボーカルのジャッコ・ジャコスジクはどうしてもウェットンのボーカル曲には合わなく甲高く細いがその分演奏がカバーしている。実に良かった。好きなメル・コリンズのオールパートも相変わらず安定していて素晴らしい。The Letters、Sailor's Taleの「Island」からのセットもスタジオと比べてもより洗練されているし、やはりラストの「Starless」はもっと崩してくるのかと思えばスタジオテイクにかなり忠実に演奏されていて、「USA」よりも音質が近くクリアな分良かった。(悪いけどボーカル以外は)となれば「Red」も「太陽と戦標パート2」も「トーキング・ドラム」も合わせてのワンステージの臨場感だと思う。

kotaroblog_kcorpheum_in.jpg 

この内ジャケのフォトグラファーはトニー・レヴィン。センターの写真はステージ上から撮られたものだろう。端の6枚の写真は非常にリラックスした写真で、右上の満面の笑みはロバート・フィリップ。滅多に見られない貴重なショットだ。左上のギターは”宮殿”のジャケ絵がペイントされているジャッコの使用ギター。
このステージは2段あるステージで、前面の一段目には3ドラムがセットされていて、後段にはメル、ジャッコ、トニー、フィリップ先生となる。面白いのは前列と後列のミックスが別と言う事。ドラムのミックスはGavin Harrisonが、後列はジャッコとフィリップがミックスを担当している。



kotaroblog_kcorpheum_0dust.jpg 

最近はこういうニュープレスのLPレコードを聞く機会も増えたけど、新品とは言えどうしても帯電してしまうのでこのLPレイザーで軽減してあげます。まぁ本格的なマシーンによるものではないので絶大な効果とは言えませんが、やはりそのプチパチ度は違います。


kotaroblog_kcorpheum_l1.jpg

DGMLV1 A-1(手書き) John LOUDの刻印あり

kotaroblog_kcorpheum_l2.jpg

DGMLV1 B-1(手書き) John LOUDの刻印あり

英国盤の200gの重量盤。マスタリングはJohn Dentで LOUD Masteringとクレジットされている。その刻印もあり。音質はとても音がクリアで綺麗だが、ん~どうも出力が弱いしそれでイマイチ迫力に欠ける気がする。ラウド・マスタリングなんて書いてあるのに(笑)まぁこのアルバムの意味合いがどんなものかよく分からないので鬼気迫るド迫力なんてコンセプトに無いのだ、とフィリップ大先生に言われれば分かりました!と思うしかないのだが。昔からクリムゾンを聞くときはそう言う姿勢で聞いてきたからね。
どうしても聞かなきゃというまで行くかどうか..新譜は多分今後出るだろうからそれを待つか、正直このライブを聞きたいと思うにはCDやDVDフォーマットでコンプリートバージョンを追加出して欲しい。その場合はCDで購入したい。



category: King Crimson

tb: 0   cm: 0

あぁ宮殿..今年一番の買い物...驚愕のマト2宮殿  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
  



今年もあと2日となりました。普段休めないので超自堕落な生活を送ってやろうと思っていたけど、結局家の用事があってなかなか..そんな中でも今日は一日ゆったりと、「24」が1週間レンタルと相成りまして、一気に6巻借りて見まくっております。おおークロエが出てるぅ、しかもニナ・ハーゲンかジョーンジェットばりのメイクで。今回もホッとする隙を与えない出来栄えで、流石ですなぁ。
午後からは超緊張感をもたらすバリー・ゴッドバーのジャケのこれを聞きまくっていました。聞きすぎて頭変になりそう。

kotalog_crimson_kyudens.jpg

ついに手に入れてしまった、マト両面2の初盤。海外オークションで勢いだけで購入したというか、してしまった。本当はマト2/4辺りのをと思っていたのがつい意地になってしまった。向かって右から初盤、パームツリー(ピンクリム)盤、UKポリドール盤、40周年記念アニバーサリーDVDオーディオ&HQCD。このアルバムと出会ったのは中学生の頃、あれから34年まさかこれだけこのアルバムを持つとは..

kotalog_crimson_kyupi.jpg 

両面マト1の盤をヤフオクで見たことがあるが(終了前だったが10万超えだった..引く)、ネットや雑誌を読んでいると、どうもテストプレスだとかその経緯がハッキリしていないのでこのマト2が初盤と思える。まずはジャケ。向かって右が初盤、左がピンクリム盤。ピンクリム盤はピンクiのセカンドプレスと同じジャケットと思えるのでその比較をすると、ピンクリム盤の方が赤みが濃く鮮明に見えるが、初盤は色のバランスが良く赤、青の色彩がアーティスティックな感じ。セカンドプレスは赤を強調してデフォルメが進んだ感じに見える。

kotalog_crimson_kyupi2.jpg 

表よりもハッキリ分かるのがこの青色。向かって右が初盤。ブルーの色彩が少し紫がかっているし、濃い薄いの強調がくっきりしている。この辺も作家が描いた通りだと思える。このブルーの色彩はこの初盤だけだと思う。


kotalog_crimson_kyupi4.jpg 

スミマセン、内側なので反対になりました。向かって左が初盤、右がピンクリム。一目でわかる位くっきり感違う。セカンドプレスはコピー感が強い。肌の部分もセカンドはオレンジ感が強くなるている。

kotalog_crimson_kyupi3.jpg

kotalog_crimson_iejday.jpg

色彩もそうだが、初盤はE.J.Dayの表記がある。これはプリントと言うよりスタンプな感じ。これがあるのが初盤。結構ジャケがすり替わっているのがあるみたいなので要注意。

kotalog_crimson_kyupoi.jpg

これだけ違うという例みたいなもので、向かって右が初盤、左が70年代後半のUKポリドール盤(POLYDOR DELUXE 2302 057)。赤みのみが強調されてブルーは薄く、これと比べると初盤が如何に絵画だと言う事が分かるね。(写真では分かり難いが..)

kotalog_crimson_inner.jpg

初盤のインナーバッグは白のこのタイプ。内側ビニール貼り。

kotalog_crimson_label.jpg 

kotalog_crimson_matrix.jpg

ILPS 9111 A▽2 B//2 
Pink i セカンドプレスのレーベルよりはピンク色が濃い。他のレコードのレーベルと比べてもピンクが濃い。
各楽器の音の際立ちが半端無く良いためスキゾイドマンはうねって聞こえるハードな音質。40周年アニバーサリーの音源で聞いたムーンチャイルドは今まで聞いていたものと何か違う印象を感じたが、この盤も凄く独特な空間だ。繊細な曲ほど違いが出る気がする。フルートやメロトロンなどの、メロトロンのサーっという響きも綺麗ね。

 kotalog_crimson_pinkrim.jpg

I L P S 9 1 1 1 +A3 (Porky刻印あり) I L P S 9 1 1 1+B3 (Pecko刻印あり)
ジョージ・ペッカムのカッティング。今まではLPはこの盤が一番良い音質だったが、やはりオリジナル・マスターにはかなわない。風に語りてやムーンチャイルドが凄く違いが分かるけど、音圧が高いのでスキゾイドマンなんかこの盤も迫力ある音質で悪くないと思う。

kotalog_crimson_polydor.jpg 


Polydor2302057 A//1 B//5
70年代後半に出たUKポリドール盤。まずもって盤自体が軽量化されている。表現すると音が薄いし、音も不鮮明。フルートなんか鮮明じゃないし、スキゾイドマンの最初のノイズもさらに濁った感じ。昔持っていた邦盤、と言うか邦盤を聞いた時のイメージに似ている。ただかなりジャケ、盤ともに状態が良かったので4K位した。


今年一年大変お世話になりました(特にアフィリ)m(_ _)m
来年もレコード漁りに精を出して、その為に馬車馬のように働きたいと思いますので、来年もどうぞよろしくお願いします。

category: King Crimson

tb: 0   cm: 2

ハイレゾ「クリムゾンキングの宮殿」!!  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
 

kotaroblog_crimsondvdaudio.jpg


最強ボックスセットではありませんが、ハイレゾ最強2枚セットであります。
日本盤のみツイン紙ジャケで、DVD-Audio の方はRock Ageキャンペーン花帯つきの日本初盤を再現したものと、HQCDの方は英国初盤を再現した紙ジャケのセットです。フィリップ翁のライナー和訳と各ディスクにはボートラが結構付いており内容は濃いものですが、映像特典はハイドパークのものなので無いものと思っても良い位です。
kotaroblog_crimsondvd3.jpg

こういう帯裏の補充表の再現などもさすが日本盤でございます。輸入盤はディスクの内容は一緒(HQCDではないけど)でもデジパックです。
kotaroblog_crimsonhqcd2.jpg

実はすでにHQCDは一枚もので持っていまして(そろそろオークションに出そうかと)音質は知っていました。今まで持っていた宮殿のソースは英国オリジナルLP2ndピンクリム初期盤A3/B3深溝Porky/Peckoあり盤のものとポリドール盤、CDは2004年のリマスター(実質は1999年もの)を聞いていましたが、音の厚みやがっちりした骨太の迫力はこの英国盤はさすがに凄かったですが、このHQCDはさらに音の輪郭がはっきりしていてクリアーで凄く良い音質です。現行としてはこれが一番...と思っていましたが、
kotaroblog_crimsondvd2.jpg

こちらDVD-Audio、通常のDVD-RomだとDTS5.1 Digital SurroundとPCM Stereo 2.0(24/48)を再生できますが、DVD-Audio専用再生機だとさらに...
kotaroblog_crimsonsound.jpg

全て2009年のMixで、MLPロスレス5.1chサラウンドと2chステレオ(24bit/96Khz)が再生できます。(専用再生機のみ)
元々、ポーキュパインツリーのスティーブ・ウィルソンがクリムゾン音源の5.1chに起す所から始まっているので、フィリップ翁と2人で手掛けたこのリミックスはサウンドの立体感やクリアさは今までのものよりも文句のつけようのないサウンドになっている、はずなのであります。5.1chは環境が整備されてからとして、ロスレス2chステレオで再生して見るとこの圧縮感はなんだ!音が良いとかそんな事関係ねぇ(と聞いた時は興奮)。よくDVD-Aは別物とかいう人がいますがこういうことだったのかぁ~楽器はHQCDよりさらにクリアでどの楽器も個別に立体化してるし、生演奏感が際立っているし、音の厚みが凄過ぎて「エピタフ」のメロトロンや「クリムゾンキングの宮殿」のラストの音の厚みは異常です!音の洪水。もっと、もっとハイエンドな機器で再生すれば細かい違いもハッキリ分かると思います。とにかく2004年リマスター音源と聞き比べると、私の凡耳でもその音の頼りなさが際立ち、元に戻れなくなります。多分これを5.1chで聞くとさらに分離化が進むのでクリアさが増すのだろうね~より一層5.1chを聞きたくなりますね~
 
kotaroblog_crimsonhqcd.jpg
いくら音質が良くなってもジャケのアートワークだけはこの迫力の域を超えられる事が出来ませんね。大きさの問題ではなくこのドローイング感は今の技術をもってしても再現できません。時代背景をも背負って来たアートワーク..ネット配信世代にはわかんねぇだろうなぁ~
kotaroblog_crimsonlist.jpg
内容はこちら↑で。打つと大変なので(^^;

category: King Crimson

tag: King  Crimson  ハイレゾ  High  Resolution  40周年  DVD-Audio  HQCD   
tb: 0   cm: 2