Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

70年代王道ROCKのオリジナル盤の魅力にハマり、初心者マークですが収集中です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

RUSH~Permanet Waves (永遠の波)  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓
ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m

banner (1)  InstagramインスタグラムへGO!!




kotaroblo_rushper1.jpg  

>RUSH 「Permanet Waves」1980年
ラッシュが世界的にメジャーとなる足がかりとなった出世作と言っても過言でないアルバム。
看板曲となるThe Spirit Of Radioは、これまでにないコンパクトにポップ性を出したスマッシュヒットで、これまでの長尺で難しく捉え難かった音楽性を少しラジオソースを意識したかのように変えてきた、分岐点とも呼べる内容である。ゲディ・リーもこれまでのシャウトに近いハイトーンヴォイスをかなり抑えめにした所がよりファン層を増やした要因かも。ドラマテックな展開がツボのFreewell~自由意志や、プログレ性高いがこれもいままでよりコンパクトに纏めた「Jacob's Ladder」や「自然科学」などこの辺は歌詞やギターフレーズなどラッシュらしさもしっかり残っている。

kotaroblo_rushper2.jpg  


驚くことにゲディ・リー以外はルックスもこの時点で変わっている。これまではロン毛のいかにもプログレハードを貫いてきたが、髪もカットしてスタイリッシュなルックスに。プロデュサーに名を連ねているテリー・ブラウンの仕事もベストで、次作Moving Picturesに繋がる作品となった。

kotaroblo_rushper5.jpg 


裏面が歌詞カードとなったインサート付き。The Spirit of radio ではこれまでのファンタステックな世界よりもより現実的な社会風刺な歌詞が鮮烈でしたね。アレックス・ライフソンの紅顔の美青年さは何とも..かわゆい。

 kotaroblo_rushperus.jpg 

kotaroblo_rushtai.jpg 

Chicago Daily Tribuneからのクレームによりこの見出し部分がカット、米盤や一部地域では回収されている。日本盤はそのクレームの訴え、法律外なのかそのまま発売されていますが、リマスターCDのジャケを見るとやはり塗りつぶされています。私は英盤の回収前、後両方所有しているが、回収後の修正ジャケの新聞はどことなくぼやけていてコピー感ありあり。



kotaroblo_rushper3.jpg 

9100 071 1Y/1

kotaroblo_rushper4.jpg 

9100 071 2Y/1



英マーキューリ オリジナル盤



スポンサーサイト

category: RUSH

tb: 0   cm: 3

ラッシュ / Exit...Stage Left ~神話大全  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m

banner (1)  InstagramインスタグラムへGO!!


kotaroblog_rushlive.jpg 

前回の「Frampton Comes Alive」からカテゴリーとすればプログレ・ハードの域のRUSHの1981年リリース「Exit...Stage Left」、邦題ラッシュ~神話大全です。スリーピースと言う最低限の人数で演奏できる限界の楽曲を、世界的なセールスを果たせているバンドとしては最高峰でしょう。他にテクニカルなバンド数あれど3人だからね~ グレース・アンダー・プレッシャー辺りからライブ・ステージ上でもシーケンサーもかなり使うようになったけど、この頃は人間の使えるパーツをフルに使った演奏能力の高さをこのアルバムで披露している。


kotaroblog_rushlive2.jpg

録音時期的にはLPで言うSide One、Three、Fourが母国カナダでの「Moving Pictures Tour」からのレコーディングで、Side Twoのみ英国での「Permanent Waves Tour」のレコーディング。前回のオフィシャルのライブアルバム「All The World's A Stage~世界を翔けるロック」と被り無しの選曲。このアルバム・ジャケットにはこれまでのアルバムのアートが全て使用されている。表は「Permanent Waves 」の女性、「Fly By Night」のフクロウ、「Hemispheres」の黒服の紳士、裏側は「Farewell To Kings」の操り人形の様な人間みたいなやつ、「Hemispheres」の裸体、「2112」の魔方陣、「Moving Picture」の絵を運ぶ人、その額縁の中に「Caress Of Steel」の絵が挿入されている。勿論ジャケデザインはヒュー・サイムで、Permanent Waves 、Moving Picturesと素晴らしいジャケが続いていたが、ここに来てまさに大全として相応しいジャケットになった。表、内側ともにラミネート・コーティングされている。


kotaroblog_rushlive_in.jpg
内側のデザインも格好良いですね~ライティングとカメラアングルで容姿がハッキリしない所がまたイイネ!ラッシュ中期ベスト的な選曲で、特別なライブでない限りもうやらなくなってしまった初期~中期の名曲「Trees」や「Xanadu」は貴重だ。現在に至っては、10分を超える組曲的な楽曲は時代と共に作らなくなっているので「Xanadu」はオフィシャルでのライブ・フルバージョンはこのアルバムだけとなる。大体どのバンドも代表アルバムをリリースした辺りのライブアルバムは変革時にあたり、ニール・パートのセットが変わってくるし(パーカッションがエレクトリックに)、ゲディー・リーの使用楽器の変化、シーケンサーの多様、特に現在のアレックスのギターサウンドが全く違う。この頃は凄くフレーズに拘っていると思うし、今の方がよっぽどメタリックで複雑だ。この後かなりの数のライブアルバムやDVD等発売されるが、この代表曲に関しての演奏のクォリティーの高さを追い求めるのならこのアルバムに限る。もう一枚増やして「ライムライト」や「自然科学」、「ヴァイタル・サインズ」などの曲もと言う希望もある。ライムライトはDVDで演奏は見られる。
余計な肉付けのない「Closer To The Heart」のオーディエンスの合唱はなかなか感動的だなぁ。このジャケの画像の様な大げさなパーカッションや、ゲディー、アレックス両者ダブルネックギターなんて70年代ロックスタイルは多分この頃のRUSHで終焉しているのだろう、残念だ。
kotaroblog_rushlive_label1.jpg 

6337194 A//1▽EMD B//1▽EMD  MASTERDISC刻印あり

kotaroblog_rushlive_label1.jpg

6337195 A//1▽EMD B//2▽EMD  MASTERDISC刻印あり


マーキュリー・レコード プロデューサーはテリー・ブラウン
現在のRUSHのライブアルバムを聞けばお世辞にも良い音質とは言えないと思う。でもスリーピースのバンドではあり得ない音の密度(ベースペダルやベースとキーボードの併用など)なので、それを考えればこういう音もありかなと思う。ジャケットに写ったホールの様な非常にエコー感が強く臨場感を重視したサウンドである。

category: RUSH

tb: 0   cm: 2

RUSH SHM-CDコレクション~来日請う!  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
 


kotaroblog_rushmp1.jpg 
またまたRUSHでございます。
前回のSHM-CDはムービング・ピクチャーズがいち早く売り切れ完売でなってしまったので、あまり食指が動かなかったのですが、今回は発売日も調べて狙ってましたので無事ゲット出来ました。何故なら音源はipodに入っているのですが、引っ越しの際に日本盤LPを売り払って以来CDも何もなかったので久しぶりの再会であります(^^今回はホールド・ユア・ファイアーまで12タイトルの再発で、他のはまぁ雰囲気見て追々と言う事で...

kotaroblog_rushmp2.jpg 
元々、このアルバムの音質はイマイチ好きでなく、以前のCDでもあまり改善されていなかったので今回は期待したのですが、1997年のリマスタリング音源仕様と言う事で、プログレッシブな音作りなので少し籠った音作りがあまり好きでなくこの辺は全く変わっていない気がする。その分、バスドラ一つとってもこのSHM-CD効果か大分輪郭がハッキリ出ていると思う。
何となくパワー不足な気がするマスタリングなんだよなぁ~
紙質までカナダ初盤の再現に拘った今回の紙ジャケ、流石に日本製です。完璧でしょう。これじゃないとこの値段は払わないよね。
kotaroblog_rushtp.jpg

RUSHと言えば来日は1984年に一度だけで、その後はニール・パートの家族に降りかかったご不幸などもありロングツアーは避けていたようで、新譜が出てもその噂は聞かれません。画像は私がまだ20歳になるかならないかの頃に大阪府立体育館(大相撲大阪場所とかやってる所?)で見た時のツアーパンフです。そう、グレース・アンダー・プレッシャーツアーね。私はこの頃がラッシュの旬だと思っています。前中期の代表曲「ザナドゥ」や「トゥリーズ」などはほぼドロップ(正直期待したのだが)されていて、さらにSFチックに近未来型のシャープな音楽に変革した時のツアーだったので、それまでのものよりは相当スタイリッシュなライブだったと思う。オープニングのSEから「スピリット・オブ・ザ・レディオ」のイントロが流れただけでマジで頭に血が上ったのを覚えている。大好きな「ヴァイタル・サインズ」が聞けたのは良かったけど、心残りが「ライムライト」をやらなかった事。なんでライムライトがドロップされたのでしょう(涙)
kotaroblog_rushtp2.jpg

たった、たった4か所、4公演でそそくさとお帰りになってしまったラッシュ..カナダからそんなに遠いのか日本は。
相当レアな公演だったのですね、行っておいて良かった。未だに眼がしらに焼き付いてます、YYZの各ソロ。
ただ音響は悪く、ドラムの音はかなり硬く抜けてないし、アレックスのギターはキンキン過ぎて訳分からん音になってました。

kotaroblog_rushtp3.jpg 

パンフのあるページ。左上の若かりしアレックス・ライフソン。こんな容姿はもうあり得ません。ゲディー・リーは変わらないねぇ~

>

category: RUSH

tb: 0   cm: 0

RUSH 「Clockeork Angels」 過去最高のコンセプトアルバムを完成!  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
 


kotaroblog_rushca2.jpg
またまた週末まで残業続きで、なかなかじっくり聞けなかったラッシュの新作「クロックワーク・エンジェルズ」をやっと聞けました。iphoneでは何かをしながら聞いてはいたのですが、今日はスピーカーから音を出してゆっくりと聞けました。とにかくちょっと高いけど日本盤を買おう!これからの購入者は。元々、多分右脳左脳両方がフル回転するニールのイメージする世界観を表現したLyricsは、私の煩悩だらけの凡脳では理解しがたく、特にコンセプトアルバムにおいては多少なりとも筋書き、成り行き位は理解しておいた方が楽しめると思う。何故もうアラ還のミュージシャンが、これだけアグレッシブなパワーを持っての楽曲を完成させたのはスチーム・パンクというSFのサブジャンル(ライナーノーツより)がベースとなったコンセプトがあったからこそこんなにハードなプレイが聞けたのだろうと思う。とにかく「キャラヴァン」にしろ「BU2B」、「セブン・シティーズ・オブ・ゴールド」、「ヘッド・ロング・フライト」..それはドリーム・シアターのエッジの効き過ぎた(それはそれで良い!)プログレ・メタルではなく、3人と言う規制の中で、テクニックに溺れずともストレートに表現されたRUSHの音楽で、70年代、80年代を総括した音楽がこのアルバムで完成したと言う感じがした。還暦なので音楽性も一回りしたのかも(笑)
5年前の前作「スネークス&アローズ」を踏襲した印象があるが、ハードな曲調が類似している面だけで、主旋律は結構起伏に富んでいて展開が複雑な分インパクトの強いメロディーが多い。ちょっとラッシュな感じじゃないなぁ~と思って聞いていた「The Wreckers」はゲディーとアレックスが楽器を一部交換して完成させたと言う曰く付きの曲で、多分ラッシュ聞いてる人なら ん?と思うんじゃないかな。とても格好良い曲。最後の「The Garden」もコンセプトアルバムの決を委ねるに相応しく、ドラマティックに壮大にフィナーレを迎える。この曲をもって全曲繋がってるのだなぁと思わせる楽曲だ。
日本盤だと800円位する計算のライナーノーツ(伊藤正則氏)によると、ジャケットの時計回りに書かれたルーン文字は各曲を象徴した文字で、21時12分を指しており、それが「2112」を暗示しているという。ルーン文字はかのLed ZeppelinⅣのフォーシンボルズで有名ですが、元はゼップに影響を受けたバンドだと言う事にも由来しているのかな?と思う。
解説によると、ニールの家族の不幸や色んな経緯から長いツアーを避けてきたラッシュだが、ツアーの成功や気力が充実してきた事からロングツアーを組む可能性もあると言う事が書かれていた。私は運よくグレース・アンダー・プレッシャーツアーを大阪で見たけど、来日はその年以来無いので是非とも来日を実現して欲しい。

">

category: RUSH

tb: 0   cm: 2

RUSHの新譜「Clockwork Angels」本日到着!!  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
 

kotaroblog_rushca.jpg 
1時間ほど前に帰宅しました。最近激忙シーズンで帰りが遅いです。今の時代忙しい事には感謝しなくてはと思いますが、ストレスはためないように行きましょう!
そんな私の為に本日リリースとなったRUSHの新譜「クロックワーク・エンジェルズ」が届いておりました。ついで、前回このタイトルのみあっという間に市場から姿を消した「ムービング・ピクシャーズ」のSHM-CD紙ジャケも買っておきました。因みに9タイトル?かなSHM-CD紙ジャケで再発しております。新譜は輸入盤が1,780円で、日本盤が2,580円..迷いましたが、ラッシュは私にとって特別なバンドなことと、日本盤のみニール・パートの解説対訳が付くので日本盤に。800円もするニールの解説..高けぇ~  ムービング~もブルーレイ5.1ch(PV映像3曲付き)とリマスターCD(通常)の2枚組デラックスエディションと迷ういましたが、5.1chはまだシステムが無いのでヤメ、やはり紙ジャケの魅力には勝てない、のでこちらに。
ごめんなさい~まだ開封すらしていません。今から寝ながら聞こうっと♪ 以前投稿したブルーレイDVDのタイムマシーンライブで2曲新譜から披露しているので、何となくは掴めてますが、トータルでどれだけ進化してるか楽しみです。内容は次回の投稿で。
参考チューブ↓



まだの人は早速オーダー↓

category: RUSH

tag: RUSH  Clockwork  Angels  クロックワーク・エンジェルズ  ムービング・ピクチャーズ  SHM-CD 
tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。