Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

70年代王道ROCKのオリジナル盤の魅力にハマり、初心者マークですが収集中です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

「眩惑のブロードウェイ」  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
 

kotaroblog_genesislamb_3.jpg
 
1974年「眩惑のブロードウェイ」 これもヒプノシスのアートワークで、スティーブ・ハケットによるとS・トーガソンが一番脂の乗っていたころの作品らしい。モノトーンが基調となり、この戯曲の内容を表すかのような連続写真が並び、幾何学調のジェネシスロゴ。これまでの作品は絵画が使用されてきたが、これまでのファンタジックなお伽話的なモチーフから一転した表れだろうか。正直内側ジャケのタイポグラフィ的、羅列された文字群を読んでいない(訳出来ません)ので詳しい内容は分からないが、ブリッティシュロック集成読んだりして内容を解きほぐすと、ニューヨークのプエルトリコ人「レエル」(Rael、Real現実のアナグラムだろう?)が兄探しの旅で時空を超え様々な人物と出会い、最終的には彷徨っていたのは自己内面、自分自身を探しえるという結末。前作からのゲイブリエルがジェネシスに本当の居場所を求めたフラストレーションがこの作品に被っている内容ではないか?多分、日本人で言語も達者でない凡人の私には丁寧に訳されても理解できない世界なんだろうなぁ..上のジャケ写にある画像を飛び越えてお互いが手を握っているシーンなどは急流から救い上げた兄が実は自分自身だった、というこのコンセプトの肝にあたる内容にマッチしているので、ヒプノシスが作り上げたこのアートワークは結構リアリズム溢れたジャケになっている。アルバムとは音楽もジャケアートも一体と成り得るものという、この頃のヒプノシスの思考にぴったりのアルバムジャケットではないだろうか。画像左からUKオリジナル盤、SACD&DVD Audio1970-1975Set Boxからデジブック仕様、200g重量盤ハーフスピードカッティングのリイシュー盤。
kotaroblog_gelamb.jpg
画像はUKオリジナル盤。画像では再現出来なかったが、実物はもっと生成りぽい色味である。
何せコンセプトアルバムなので掴みどころなく、その上ヨーロッパ人にも難解だという内容の上、世界的に発売上ジャケットに関する規制まで付いたと言う事で日本での評価、売れ具合はイマイチだったらしいが、内容は知らなくとも楽曲が粒揃いで良い。タイトル曲はもとより「Fly On a Wind-Shield」「In The Cage」「Gounting Out Time」「Carpet Crawlers」「Lilywhite Lilith」などコンセプトアルバム曲を無視して独立した曲としても十分素晴らしい曲が集合していて、以外でもイメージ曲だけどS・ハケットの音色がきれいな「Hairless Heart」やこれもハケット色満載の「The Chamber Of 32 Doors」、トニー・バンクスのピアノの旋律、ゲイブリエルのメロディーが究極美な「The Lamia」は素晴らしい。で、アルバムは「The Light Dies Down On Broadway」からエンディングへと向かって行く。「Riding The Scree」でのフィル・コリンズのドラムはなかなか凄いし、ドラミングが前作からやっぱり変わっている。今後の展開を考えてもドラマーとしてのフィル・コリンズの絶頂期だったのではないか!ラストの「It」がまた面白い。「それでは皆さんまたお会いしましょう!」的なムーグの音が煌びやかな楽しい曲でのエンディング、奇想天外である。これをステージでやり遂げた後、まるでジェネシスではもうやることがないかのようにP・ゲイブリエルは脱退し、2枚発表後S・ハケットも抜け英国的美様式のジェネシスは消滅してしまう。私は「Wind & Wuthering」ライブでは「Second Out」までOKなので、結局の話S・ハケットが大好きなんではないだろうかという結論に達した。さすがに「ウィンド・アンド・ワザリング」でのハケットの居場所はもうなかったけど..
「Seconds Out」でしかこのアルバムの楽曲を聞いたことのない人は、このオリジナルを聞いたほうが良い。全く演奏の密度が違うので印象が違う。

kotaroblog_gelamb2.jpg 

非常にジャケが傷みやすい。
kotaroblog_gelamb_insert.jpg 

kotaroblog_gelamb_insert2.jpg 

kotaroblog_gelamb_insert3.jpg 

kotaroblog_gelamb_insert4.jpg 
インサートには両面歌詞カード付。全面載せてみた。
kotaroblog_gelamb_label.jpg 

kotaroblog_gelamb_label2.jpg 
CG 1 A-2U Porky X JOHNNiE CG 1 B-2U Pecko
CG 2 A-2U Pecko CG 2 B-2U Porky
いづれもGeorge Peckhamのカッティング、刻印ありで、Side-1側にマッド・ハッターレーベルで曲目、2側にピクチャーレーベルとなっている。こういうコンセプトアルバムはSEも多く使われているのでDVDフォーマットなどでも楽しめるので、たとえ重複しても色々持ってて損はない。このオリジナルもロックオペラに適合した音の鳴りを披露してくれるので大音量で聞くと良い。まだリイシューLP、SACD、DVDあるので次回に続くかも..


 
スポンサーサイト

category: genesis

tb: 0   cm: 0

「月影の騎士」 / Genesis 偉大なる英国プログレバンドの過渡期?  

文字色ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
 

年が明けたら明けたで仕事が山積み...年末年始にかけて怒涛の更新!と思っていたのもつかの間、また元の暮らしに戻ったとさ。メデタシ×2。聴けずに溜まっているCDも一杯で、やっと聞けたのが、昨年暮れ友人がロンドン旅行に行った時にスティーブ・ハケットのライブを見て、そのCD販売会で本人にサインを貰って来てくれた豪華版CDボックスのお土産。↓

kotaroblog_hackett_box.jpg 
最近ハケットはジェネシス時代の曲をセルフカバーしたアルバムの第2弾となる「Genesis Revisited Ⅱ」を発売して、それに合わせたツアーなるもの。来日も果たしている。これがこのライブをコンプリートしたCDが3枚、他ライブ模様やオフステージの映像のDVDが2枚の計5枚組なのだ。
kotaroblog_hackett_s.jpg
奥さんも隣席したサイン会だったらしい。  「セカンドアウト」のリマスターアルバム購入時にすでに生サインは一枚持っているので何故か我が家にある2枚目の直筆サインなのだ。

kotaroblog_hackett_setlist.jpg
 「Nursery Cryme」から「眩惑のブロードウェイ」までの名曲セレクションで、サパーズ・レディも収録されているのが嬉しいね。ボーカリストはピーガブよりはフィル・コリンズ寄りの声質で、音質も、その筋の上手いセッションプレイヤーのバック演奏で格段に良く聞こえるがギターだけが本物で、それをどう捉えるのかは好き好きがあるだろう。ただ間にソロ作品も入っているのでハケットファンにはたまらない一枚。こうやってステーブ・ハケットが活動しているとそのうちP・ゲイブリエルを含めた再結成が成し得る事もあるかなぁ?と思うが2011年に再度フィル・コリンズが引退してしまったのでダメなのかな..100歩譲ってチェスター・トンプソンでと思うがやはり無理かな。
kotaroblog_hackett_5cd.jpg
トリッキーなプレイは機材の進化でよりハードなテクになっていて、セルフカバーなのでギターの存在感が半端ない。終盤のサパーズ・レディからロス・エンドスまでの怒涛の追い込みが聞き物。
kotaroblog_sellingengland.jpg 
ここから本題。ジェネシスとして5枚目の1973年「Selling England By the Pound 月影の騎士」です。左上から廉価版のLP、右へ200g重量盤のリマスターアルバム(ハーフスピードカッティング)、UKオリジナル盤、下2枚のCDはSACD(ハイブリッド)とDVDオーディオ(映像特典あり)で左は輸入盤で右は日本版紙ジャケ。こう見るとUKオリジナルに一番近いのは流石!紙ジャケが近いね。
kotaroblog_selling.jpg 
このアルバムのジャケはコーティングが一切施されていなので、中古市場では結構汚れているものが多いが、私のは売り手がこの保存率は奇跡、とか大袈裟に書いてあっただけに綺麗な状態だ。絵画をジャケに用いるのは変わらないが、前作までのホワイトヘッドのミステリアスでSFホラー感覚から、メルヘンチックなベティ・スワンウィックのDreamという絵を採用している。E.J.Day社製。
kotaroblog_selling2.jpg 
前作「Foxtrot」と比べるとコンセプチュアルな曲が無い分こじんまりと聞き易い曲が多く、「I Koow What I like」のシングルヒットする様なポップに纏まられた曲も入っているのでより一層感じる。トニー・バンクスのプレイが一段と音色がカラフルになり(チープな音がまたたまらん)ピーター・ゲイブリエルが演奏面では一歩下がった様な感じが演奏技術の向上に繋がっている気がするが。歌詞カードや文献を読むと、当時のイギリス経済を痛烈に批判しているゲイブリエルの歌詞がこのアルバムをシュッとさせているし、「月影の騎士」や「シネマショウ」のボーカル存在感はやはり唯一無二だね。「More Fool Me」ではフィルにボーカルを譲ると言う点から、今思えば先行きの展開はもうすでに予想出来ていたのかもしれないなぁ。私はジェネシスで一番演奏でも構成でも完璧だと思っている「Firth Of Fifth」がこのアルバムでは一番の聴きどころだ。この曲を聴くと演奏面を含めジェネシスのピークだったような気がする。トニーのジャズぽいキーボードアンサンブルから、メロトロンを敷いたバックにハケットの幻想的なソロに移行して行く辺りが何度聞いても引き込まれる。フィル・コリンズのドラムもこの曲に関してジャズぽいフィーリングを取り入れている。
kotaroblog_selling_insert2.jpg 

kotaroblog_selling_insert.jpg 
ダークグリーンの歌詞カードがつく。これはレコード入れじゃなくて超厚紙のインサートで両面印刷。
kotaroblog_selling_label.jpg 
CAS 1074 A-1U Porky Rityの刻印あり B-2U Peckoの刻印あり Big Mad Hatterレーベル
これがUKのファーストプレスだろうと思われる。SACDは確かに音の粒が細かく非常に綺麗な音をしているが、このLP盤は立体的で全面的に音が迫ってくる迫力がある。特に月影の騎士は静から動へのメリハリがあって緊張感がある音に仕上がっているので両方持つ事がベストだと思う。

kotaroblog_selling_remas.jpg  
さてまだ再発リマスター盤やSACDもあるけど..また追々やります。今日はZZZ


category: genesis

tb: 0   cm: 0

ジェネシスのライブ②~Seconds Out 「眩惑のスーパーライブ」  

文字色文字色ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
  
kotaroblo_genesis_so.jpg

スティーブ・ハケットのサイトから購入したハーフスピード・カッティング180g重量盤です。このアルバム高校生の頃欲しくて欲しくてたまらなかったアルバムですが、レンタルレコード屋(今や死語!)さんでダビングしたものをずっと聞いていて、リマスターCDはあったものの、それ以来全く縁のなかったアルバムです。そういうのってレコードに限らずある事ですよね。サイン入り限定盤で発売されていたのでジェネシスリマスターLPBOXを購入した勢いで注文しました。これはすぐ売り切れてましたね。76・77年のツアーからパリ公演を収録したライブ盤で、スティーブ・ハケット在籍時最後のアルバムです。もうすでにピーター・ゲイブリエルはもう居ないものの、ジェネシスのファンタスティックな世界が2枚にギュッと凝縮されております。ジャケットのジェネシスの世界を100%演出したライティング・システムは視覚的にも話題になりましたね。

kotaroblo_genesis_sohack.jpg 

コピーじゃありませんよ。シルバーペンで書かれたスティーブ・ハケットのサイン。別にサイン欲しくてじゃないですけど...

kotaroblo_genesis_soinner.jpg 
ドラマーはチェスター・トンプソンがサポートメンバーでしたが、数カ月はビル・ブラッフォードがサポートした為、その音源が「シネマショウ」として収録されている。ジャケの下隅にも写真貼られてかなり特別な待遇でしたね。「トリック・オブ・ザ・テイル」「静寂の嵐」からの構成だが、ピーガブ時代の代表曲も網羅している。この後ハケットが抜け3人が残り、よりポップに英国風の抒情詩な部分を後退させ、完璧にアメリカを意識した音作りに傾向して行くので、私が好きだったジェネシスのラストアルバムとなる。オープニングの「スコンク」からラストの「ロス・エンドス」まで、フレーズにも一体感を持たせた演出はただのベスト盤的なもので無く、聞きとおした時に感動を得られるプロフェッショナルなショーだと思う。やっぱり「サパーズ・レディ」が収録されているのが嬉しい。ピーガブのフラワーや老人の様な視覚的な演出は勿論レコードなので効果は無いにしろ、フィルコリンズはその穴をちゃんと埋めているし、演奏自体もピーガブの頃よりもドロドロしさが無くて聞いていてもあっと言う間に聞ける。チェスター・トンプソンとフィル・コリンズのドラム・デュエットも何処で2人が叩いているか記載されているのでイメージが湧いて楽しいし、「シネマショウ」ではビルブラのパーカッションが違ったタッチで面白い。この曲をビル・ブラッフォードバージョンで当てる所が面白い。でもビル・ブラッフォードってイエスの時も「イエスショウズ」で3曲ほどしか入っていないけど存在感を見せる所が凄いね。何と言ってもエンディングの「Los Endos」でのスコンクとダンス・オン・ザ・ボルケーノを合わせたクライマックスが痺れるほど格好良い。フィルの「メルシー!ボンソワ」も決まっているし。ジャケットを広げた時に飛び出す絵本的な音の輪郭が分かるような英国プログレッシブ・ジェネシスの集大成ライブ・アルバムです。
kotaroblo_genesis_soin4.jpg 

kotaroblo_genesis_soin3.jpg

kotaroblo_genesis_soin2.jpg 
kotaroblo_genesis_soin1.jpg 

それぞれ2枚組のレコード保護袋に曲目や使用楽器等、ステージングやローディーの紹介などが。。。
kotaroblo_genesis_solabel.jpg

kotaroblo_genesis_soharf.jpg

レコードをカッティングする時にマスターと旋盤を2分の1のスピードでカッティングして行くハーフスピードカッティング盤です。半分のスピードで音溝を構成する為音溝の精密度が上がる音質的には素晴らしいレコードです。確かにCDのリマスター盤よりくっきりとした音の輪郭で、今まで聞いて来たものより違った感じがします。例えばオープニングの「スコンク」の奥行きのあるドラム位置や、CDでもこんなに響かなかったベースペダルの音一つとってもくっきり音が出てます。こりゃ素晴らしい。
実はこのシリーズのLP BOXまだ聞いていないのも何枚かあり(後発のものなんかまだ箱から出してもいないと言う..)、
これから聞いて行くのが楽しみ♪
ちょっとジェネシス・ライブシリーズ続くかも~です。

WBC終わったけど、すげぇ~試合でしたねぇ~何年に一回の試合だった。井端はMVPでしょ。頑張って日本に活力を与えてくり~


category: genesis

tb: 0   cm: 0

ジェネシスのライブ①~Genesis Live  

文字色文字色ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
  
kotaroblo_genesislive.jpg 
今週は残業残業で、日中も息の抜く間もなく働き続けたので全く更新できませんでした。旬なうちにアップしようと思ったF・マックの35周年BOXはDVDもまだ見てないしCDも一度聞いただけなのでまた追々アップして行きます。と言う所で暫くはジェネシスのライブシリーズと言う事で。
まずは1973年のレスターとマンチェスターでのライブを収めたジェネシス・ライブ。ピーター・ゲイブリエルが在籍したものでは幻惑のブロードウェイの全曲収録のライブなんかも出てますが、当時LPとして発売された唯一のものなので貴重な音源だが、如何せん物足りない。多分海賊盤対策か何かで廉価盤としての発売だが、そんな急がずとも次作「月影の騎士」が出てからの2枚組当たりで発売した方が良かったし、ジェネシスのピーガブのちゃんとした音源は凄く貴重だ。幾分編集もちゃちだし、ジャケのつくりも廉価盤そのものだ。


kotaroblo_genesislive2.jpg
選曲はフォックストロットまでの3枚から選曲されていて、まぁその3枚のうちの代表作が選ばれているのだが、どうせならピーガブの「サパーズレディ」とか「サルマシスの泉」とか..やはり2枚組が妥当だろう。大好きなアルバム!では無かったので邦盤のLP、リマスターCDも持っていましたが売りました。ずっとそれを聞いていたのですが、このUK盤は結構ボーカルよりは演奏にも焦点がおかれがちで、メロトロンやオルガンは勿論、M・ラザフォードのメタリックなベースもかなりクリアーにズシズシ来てます。ちょっと違った印象を受けたなぁ。全体的には結構クリアーなサウンドで、迫力もあるのだが、細部に至ってはフェイドアウトがいい加減だとか、ブツっといきなり始まったりとか..まぁその辺が廉価版なのかねぇ~

kotaroblo_genesislive3.jpg
とにかくジャケットの作りがチープ。端を持つとヘナヘナ....

kotaroblo_genesislive_label.jpg
CLASS 1 A-1U B-1U ビッグ・マッドハッターのファーストプレス。B&CRecords
かすかな観客のざわめきの中から始まるメロトロンの響きは、やはり大音量でアナログで聞きたいよね。この臨場感が伝わるのはアナログ。


↓注意!!音出ます!


category: genesis

tb: 0   cm: 0

ジェネシスBOXが届いた!  

文字色ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
  
kotaroblo_genesisbox.jpg 
今日ジェネシス1976-1982LP-BOXが届いてました!疲れていても何故かBOXセットを見るとテンション上がると言うか疲れも吹っ飛びます。
そう言えばビートルズのリマスターLPが明日発売..バラ買いかなぁ~ でもほんと国内盤59,800円はボリ過ぎだろ~

kotaroblo_genesisbox3.jpg
 
トリック・オブ・ザ・テイル」から「アバカブ」までHalfspeed Masteringの重量盤で、Nick Davisの2007年のミックスを使用。

kotaroblo_secondout.jpg
セカンドアウト」はボックスには入らなくて別売り。これはスティーブ・ハケットのサイトから注文した直筆サイン入りの限定盤です。BOXもこれもすぐ売り切れた見たい。右上端にシルバーインクでハケットのサインが!これもハーフスピードカットなので音は良い..はずです。唯一LPで持っていなかった「Second Out」高校生の頃欲しくてたまらなかったLPが30年ぶりに再発だけどやっとこの手に(涙)LOS ENDOSは何回聞いてもブルっと痺れます。メるしーぼんそわ~

kotaroblo_genesisbox2.jpg 

以前購入した緑箱の1970-1975とSecond Outを合わせれば、私が聞いて来たジェネシスの範囲がコンプリートされました。コタローもあきれ顔で「こりゃニャンだ~」って...


まだシュリンクも外してない開けていない状態なので週末ゆっくりと聞きます。追々アップして行きますよ~

category: genesis

thread: 洋楽ロック - janre: 音楽

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。